このページの先頭です

港湾業務用語集-J-

最終更新日 2019年3月14日


-あ- -か- -さ- -た- -な- -は- -ま- -や- -ら- -わ-

-J-

jackknife
ジャック・ナイフ(ブームが垂直に立つこと)
jacob’s ladder
ジャコッブ(索はしご)
JAFA(Japan Air Cargo Forwarders Association)
航空貨物運送協会。航空貨物業界の健全な発展と利用者の保護及びその利便の増進に寄与することを目的に設立。1991年6月には大蔵、運輸両省管轄の社団法人としての認可を取得している。
JAGFC(Japan-Atlantic & Gulf Freight Conference)
日本/米大西洋岸・ガルフ同盟。日本から米国東岸・ガルフ地域を管轄する同盟。TPFCと協議して運賃一括値上げを実施できる。
JALTOS(Japan Air Lines Terminal Operation System)
日本航空が成田空港に建設した約5万2、000m2の一大貨物ターミナル(上屋)でコンピュータにより完全に自動化されている。予約、会計などの情報システムと貨物の保管、仕分け、搭載などの荷役システムがオンライン・リアルタイムで連動されている。
jam
(ワイヤーや人間の手足などが機械に挟まれて)つぶれる、(道路に自動車などが一杯に)詰まる
JASTPRO(Japan Association for Simplification of international Trade Procedure)
財団法人日本貿易関係手続簡易化協会の英文名。
JECFC(Japan East Canada Freight Conference)
日本/東カナダ同盟。日本からカナダ東岸諸港及びセント・ローレンス川、五大湖沿岸カナダ諸港へのトレードを管轄する。1994年3月現在メンバーはMOL、NYKの2社。
jerk
ジャーク(ウインチなどで急にぐいと捲く)
JETRO(Japan External Trade Organization)
日本貿易振興機構。わが国の貿易振興につながる事業を総合的に行っている全額政府出資の特殊法人。世界59ヵ国に25ヵ所のジャパントレードセンターおよび49ヵ所のジェトロ事務所を設置し、海外市場についての調査を行い、海外市場白書を発表している。
jettison
投荷(海難などの緊急時に船の安全のためやむなく積荷を捨てること)
jetty
突堤、さん橋
jib
ジブ(回転式クレーンなどで、荷を吊り下げるための腕木)
JICA(Japan International Co-operation Agency)
独立行政法人国際協力機構。発展途上国に対する技術協力と、日本人の海外移住を担当する機関として、昭和49年に全額政府出資で設立。港湾局からは、昭和53年から平成5年まで職員を派遣、海外での技術協力を行っている。
JIFFA(Japan International Freight Forwarders Association)
社団法人日本インターナショナル・フレイト・フォワーダーズ協会の英文名。国際一貫複合輸送業者の団体で、1981年に設立。
JIT(Just In Time)
→かんばん方式。
JSA(Japanese Shipowner’s Association)
日本船主協会の英文名。
jute
麻(帆布、ロープなどの原料)
JV(Joint Venture)
共同経営の企業。合併事業をいう。
JWCFC(Japan West Canada Freight Conference)
日本/西カナダ同盟。日本からカナダ西岸諸港向け海上輸送を管轄する。複合輸送管轄権を持つのでMLB、IPIも含まれる。カナダの定期船規制法で独禁法の適用除外が認められている。1994年3月現在のメンバーはKL、MOL、NYK、NOL。

このページへのお問合せ

港湾局政策調整部総務課

電話:045-671-2880

電話:045-671-2880

ファクス:045-671-7158

メールアドレス:kw-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:926-877-615

先頭に戻る