このページの先頭です

港湾業務用語集-ま-

最終更新日 2019年3月14日


-あ- -か- -さ- -た- -な- -は- -ま- -や- -ら- -わ-

-ま- -み- -む- -め- -も-

和英サーチ(ま)

-ま-

マーク・タリー(mark tally)
受け渡しに際して、個数だけでなく1個ずつマークを調べて検数を行う入念な方法。
マーシャリング(marshalling)
コンテナヤード内において、本船揚げ積みプランに基づき、あらかじめコンテナを配列することをいい、その場所をマーシャリングヤード(MY=Marshalling Yard)という。
マザー工場
本社工場、研究所併設工場、新製品に関する試作、開発機能を有する工場をさす。
マトソン方式
→ストラドルキャリア
マニフェスト(manifest)
本船の積載貨物を積み地、揚げ地、船荷証券番号別に、貨物明細、受け荷主等を記載した積み荷の一覧表の目録である。通関上の必要書類で、各国揚地税関は、本船入港の際に、船長署名入りマニフェストの提出を求め、貨物の取り締まり及び課税を行う。
マリーナ(marina)
ヨットの係留施設と、ヨットを楽しむための宿泊その他の設備を含めた総合的な施設の名称。
丸シップ
日本船を外国船主に裸貸しし、外国船員を配乗し、これを再び日本船主に定期用船に出した船。
満載吃水(full load draft)
船の長さの中央においてキール(竜骨)の上面より満載吃水線までの垂直距離をいう。満載吃水は、国際満載吃水線条約により制限があり、それを超えて積載することは安全性から許されない。
満載排水トン
船が満載吃水線まで沈んだときの排水トン数のことをいう。
船が水に浮いているときは、水線下の体積と等しい水を排除する。この水の量を排水量といい、重量で表したのが排水トン数という。

このページへのお問合せ

港湾局政策調整部総務課

電話:045-671-2880

電話:045-671-2880

ファクス:045-671-7158

メールアドレス:kw-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:286-866-343

先頭に戻る