このページの先頭です

港湾業務用語集-ら-

最終更新日 2019年3月14日


-あ- -か- -さ- -た- -な- -は- -ま- -や- -ら- -わ-

-ら- -り- -る- -れ- -ろ-

和英サーチ(ら)

-ら-

ライナー(liner)
定期船。特定の航路に定期的に運航される船舶のこと。これにより運送される貨物をライナー(定期)貨物という。
※(公社)日本港湾協会発行「数字で見る港湾2014」より
ラウンド
航路の寄港地を一巡すること。あるいは一巡するのに要する日数
ラッシュ船(LASH:Lighter Abord Ship)
船上にはしけ(lighter)を乗せた船。はしけは船尾から直接海面に積み卸しできる構造になっている。横浜港にもかつてPFEL社のラッシュ船が寄船していたが、すでに撤退している。
ラッシング(lashing)
一般には荷崩れ防止のため、本船上で貨物をワイヤー、ロープ、チェーン等で固縛することをいう。コンテナ船の場合は、甲板上のコンテナをラッシング・ワイヤー、ターン・バックル等で固縛することをいう。
ランディング・レポート
貨物を艀(はしけ)から陸揚げする際、貨物の数量・状態などを記載して荷役業者から船社又は荷主に対して発行される書類。
ランドブリッジ
海陸複合一貫輸送。日本・極東~太平洋~鉄道~大西洋~欧州のアメリカンランドブリッジ(ALB)やカナダランドブリッジがその例。また、北米西岸経由で米国の中西部東部へ鉄道輸送するMLB(ミニランドブリッジ)、SLB(シベリアランドブリッジ)などがある。(参)ALB,MLB,SLB

このページへのお問合せ

港湾局政策調整部総務課

電話:045-671-2880

電話:045-671-2880

ファクス:045-671-7158

メールアドレス:kw-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:866-450-761

先頭に戻る