このページの先頭です

島田和気男マイスター(調理師(日本料理))

最終更新日 2020年2月20日

島田 和気男(しまだ わきお)
調理師(日本料理)

令和元年度選定(第24期)
中区在住

  • 昭和32年 山形県出身
  • 昭和50年 割烹志満八入社
  • 割烹志満八調理長
  • 神奈川県調理師連合会常任理事
  • 横浜萬屋心友会の会長代行、食品衛生指導員などを歴任

五味・五色・五感・五法等、日本料理の伝統を伝えていきたい

「平成25年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、横浜市内にも多くの質の高い日本料理店が増えてきたこともあり、紙の折り方一つをとってもお祝いと不祝儀の折り方や葉の掻敷、五味・五色・五感・五法等、日本料理の伝統を伝えていきたい」と語る島田さん。


平安時代からの伝統を誇る日本料理の儀式「包丁式」やさまざまな野菜等の食材から動物、植物等を作り上げる「むきもの」を得意とし、「基本をしっかり習得した上で、課題に取り組み、出来た喜びを感じてほしい」との思いをお持ちです。


神奈川県調理師連合会や横浜萬屋心友会での講習会のほかメニューフーズSP 会実務者研修会での野菜の飾り切り(むきもの)、かながわしごと・技能体験フェスタでのだし巻き卵作り体験など、横浜の食文化を伝える活動を積極的に行っています。

マイスターの技

季節の野菜を用いて、四季折々の花鳥風月を料理に表現する手法として古来より伝承れてきた日本料理の技能である「むきもの」技術において優れた技能を有しています。

また、横浜萬屋心友会では、四條心流の「式庖丁」において師範代として、三渓園や鎌倉の鶴岡八幡宮などでの奉納式庖丁を取り仕切り、若手に技能の継承を行っています。

プロフィール

高校卒業後、割烹志満八に入社。
公益社団法人日本料理研究会の師範である師の元で修業し、昭和59年に調理長に就任。

主な受賞歴

  • 平成2年 横浜市優秀技能者表彰受賞(横浜市長)
  • 平成13年 はま菜ちゃん料理コンテストグランプリ受賞
  • 平成15年 公益社団法人日本調理師会会長表彰受賞
  • 平成21年 神奈川県優良衛生技能者表彰受賞(神奈川県知事)
  • 平成23年 調理業務功労者表彰受賞(厚生労働大臣)

ここでマイスターの技に出会える!

割烹 志満八
横浜市中区若葉町2–24
045-251-1018

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部雇用労働課

電話:045-671-2341

電話:045-671-2341

ファクス:045-664-9188

メールアドレス:ke-koyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:667-370-775

先頭に戻る