このページの先頭です

宇佐美勉マイスター(理容師)

最終更新日 2019年3月6日

宇佐美 勉(うさみ つとむ)
理容師

平成22年度選定(第15期)
神奈川区在住

  • 昭和23年生まれ、横浜市出身
  • 昭和51年 メンズ・ビューティーウサミ開店
  • 理容師、管理理容師、職業訓練指導員
  • 全国理容生活衛生同業者組合連合会などの講師、理容師実技試験委員、国内の理容競技大会の審査員、技能五輪日本選手強化委員、技能五輪国際大会(イギリス・ロンドン)の審査員などを歴任
  • 「横浜人図鑑」(J:COM)出演映像(外部サイト)

日本の男性をもっとカッコよくしたい

宇佐美さんは、「アイディアがひらめくようになれば一流の仲間入りだ」と理容師の「第六感」の大切さを語ります。

「日本の男をカッコよくしたい」と宇佐美さん。「男がカッコよくないと、女は喜ばない。大人がカッコよくないと、子供は夢を持てない」が持論で、日本の男性たちはもっと自分磨きに「理(こだわり)」を持ってほしいと願い、仕事を続けてきました。

母校で講師を務めるほか、講師陣の先頭に立って全国を飛び回り、後進の指導育成に力を注がれています。

また、自身の店のスタッフとして住込みで働き、卒業していった弟子が全国各地で活躍しています。

マイスターの技

独自の「テクニックカット技法」(レザーを縦に入れて従来にない質感を作り出すカット技法)を使った「ZAPカット(2000年発表)」を開発され、レザーカットによるナチュラルヘアを得意としています。

また、レディースカットでは、理容業界でレディースカットに挑戦する人が少なかった時期に、レディース分野に挑戦し業界をリードしました。

また、薬液知識と塗布技能に卓越しており、毛の流れや立体感を演出させるカラー剤の塗布技能で一人一人違ったカラーを演出できる技能にも定評があります。

プロフィール

横浜生まれ横浜育ち。

父が理容師で、幼いころから家業を手伝うのが日課であった。

横浜商業高校別科(理容科)卒業後、実家の理容店で7年間修業。

28歳の時に独立し、メンズ・ビューティウサミを開店。

主な受賞歴

  • 昭和41年~昭和55年 神奈川県理容競技大会神奈川支部地区予選大会優勝(15回連続)(神奈川県理容生活衛生同業組合)
  • 昭和59年 横浜市優秀技能者表彰受賞(横浜市長)
  • 平成5年 神奈川県優良衛生技能者表彰受賞(神奈川県知事)
  • 平成25年 神奈川県卓越技能者表彰受賞(神奈川県知事)

ここでマイスターの技に出会える!

MEN’S BEAUTY USAMI
横浜市神奈川区片倉1-16-10
ウサミメディカルファイン1F
電話:045-481-0554

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部雇用労働課

電話:045-671-2341

電話:045-671-2341

ファクス:045-664-9188

メールアドレス:ke-koyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:894-989-163

先頭に戻る