このページの先頭です

中山一郎マイスター(食肉加工)

最終更新日 2019年3月6日

中山 一郎(なかやま いちろう)
食肉加工

平成26年度選定(第19期)
青葉区在住

ハム・ソーセージ作りを通して人に感動を与えたい

中山さんは、「自分にしか出せない当店だけの味」、「人が作っていないおいしいもの」を作り続けることにこだわってきました。

定番中の定番と言われるハム・ソーセージでも、「どうすれば、もっとおいしくなるだろうか」と、研究・改良を重ねています。

「人に感動を与えられるようなハム・ソーセージを作りたい」と、手間暇をかけ、妥協を許さず、仕事に取り組んできました。

地元農家から仕入れた無農薬キャベツ、横浜産の豚肉「はまぽーく」を使ったフランクを開発・販売し、好評を得ています。現在もキャベツ以外の横浜野菜を使ったフランクの開発に取り組んでいます。

また、地域で行われる体験教室では、親子でできるハム・ソーセージ作りを教えています。区民まつりや商店街のお祭りなどに、自社製品の店を出店するなど、地域活動にも積極的に参加しています。

マイスターの技

豚肉に関する知識が豊富で、豚肉だけでなく、塩などの副材料の量や種類を変えるなど食材選びには妥協せず、より良い食材を追求しています。

また、季節によって肉の味が微妙に変わるため、季節を問わず同じ品質・味の商品をお客様にお届けしたいという思いから、ソーセージを練る方法を発案・工夫し、徹底した温度管理と丁寧な作業工程を行い、肉の味と食感をいかすハム・ソーセージ作りをしています。

プロフィール

横浜生まれ。

18歳の時に実家が営む肉の卸会社に入社。

子供の頃に父親が買って来てくれたソーセージの味が忘れられず、いつかソーセージ作りに携わりたいと思い続け、勤務の傍ら、世田谷区の精肉店でソーセージ作りを5年間修業。

さらに、ドイツの食肉学校のセミナーに参加するなど技能を研鑽し、食肉加工業に転身。

38歳の時に株式会社シュタットシンケンを設立。

主な受賞歴

  • 平成9年 SLAVAKTO ビアブルスト金賞
  • 平成11年 SUFFA ビアブルスト金賞、ビアシンケン金賞、コンビーフ金賞
  • 平成12年 SUFFA 生ハム金賞、ドイツサラミ金賞
  • 平成28年 神奈川県卓越技能者表彰受賞(神奈川県知事)

SLAVAKTO(スラバクト)は、オランダで開かれる食肉製品や食肉関連機器の見本市のことであり、食肉加工食品コンテストが開催されている。
SUFFA(ズーファ)は、ドイツの食肉加工協会が開催する食肉関係者の見本市のことであり、食肉加工品コンテストが開催されている。

ここでマイスターの技に出会える!

シュタットシンケン
横浜市青葉区青葉台1-15-7
電話:045-981-5584

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部雇用労働課

電話:045-671-2341

電話:045-671-2341

ファクス:045-664-9188

メールアドレス:ke-koyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:666-388-306

先頭に戻る