このページの先頭です

オンライン聴診教育システム“iPaxアイパクス”米国特許を取得

最終更新日 2021年9月7日

記者発表資料

令和3年9月7日

経済局産業連携推進課

近藤 陽介

電話番号:045-671-2574

ファクス:045-664-4867

 横浜市では、健康・医療分野のイノベーションを持続的に創出する産学官金のネットワークである 「横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP(リップ).横浜)」を推進しています。
 このたび、「LIP.横浜」の取組の一つである「LIP.横浜トライアル助成金」(2018年度、2019年度)を活用して開発した聴診教育システム「iPax(アイパクス)」と聴診専用スピーカ「聴くゾウ」に関して、開発企業の株式会社テレメディカ(青葉区)が米国特許を取得しました。
 同社は、昨年度からジェトロ横浜の支援を受けて、米国市場参入を目指し活動中です。今後は、本市米州事務所や公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)とも連携し、海外展開を支援してまいります。
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:291-668-182

先頭に戻る