このページの先頭です

脱炭素先行地域の取組

みなとみらい21地区における公民連携で挑戦する大都市脱炭素化モデル

最終更新日 2022年10月24日

みなとみらい21地区の写真

トピック

脱炭素先行地域とは

脱炭素先行地域とは、2050年カーボンニュートラルに向けて、「地域脱炭素ロードマップ」に基づき環境省が公募する地域で、2030年度までに「民生部門(家庭部門及び業務その他部門)の電力消費に伴うCO2排出の実質ゼロ」などの要件を地域特性に応じて実現する地域です。
2025年度までに少なくとも100か所の地域が選定される予定で、その第1回公募(令和4年1月25日~2月21日)が実施され、『みなとみらい21地区』を含む26地域が選定(令和4年4月26日)されました。

「みなとみらい21地区」における脱炭素先行地域の取組

みなとみらい21地区は、オフィス・商業施設・住宅等に加え、企業の本社、R&D施設や音楽ホール、大学、MICE拠点など多様な機能が集積する街であり、エネルギーの大消費地です。一方で、脱炭素化へ積極的に取り組む企業や研究開発拠点が多数立地しており、横浜市における脱炭素先行地域の取組においては、地域内の様々な企業と連携して、「公民連携で挑戦する大都市脱炭素化モデル」の構築を目指します。

主な取組内容

・エリア内施設の屋上や、エリア外の公共施設の未利用スペースに太陽光発電設備を設置し、創出された再エネ電力の供給等による電力の脱炭素化
・徹底した省エネや地域一体となったエネルギーマネジメントによる電力需給調整力の創出など
・エリア内にある日本最大規模の地域冷暖房における熱の低・脱炭素化
・飲食店等で生じる食品廃棄物やペットボトルのリサイクル等による資源循環の推進
・市民・事業者一人ひとりの脱炭素化への行動変容を促すイベント等の実施

事業概要図
取組全体イメージ図

参画施設・事業者

先行地域への応募にあたっては、地域のエリアマネジメントを行う一般社団法人横浜みなとみらい21と連携し、地区内の32施設に参画していただいています。

参画施設一覧(仮)

ロゴ一覧(仮)

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:797-094-562

先頭に戻る