このページの先頭です

ヒートアイランド対策

ヒートアイランド現象は、都心部の気温が郊外部に比べて高くなる現象であり、大都市において顕著にみられる環境問題として対策が進められています。

最終更新日 2019年6月18日

横浜のヒートアイランド状況

熱中症に関する情報

熱中症にご注意ください!
地球温暖化やヒートアイランド現象等が引き起こす高温化により、熱中症の増加や睡眠の阻害が懸念されています。
横浜市では、さまざまな熱中症予防啓発を行っています。
熱中症情報
(横浜市衛生研究所)
熱中症予防情報(外部サイト)
(横浜市総務局危機管理室)
横浜市防災情報Eメールに登録(無料)頂くと、携帯電話等に「熱中症予防情報」等の防災情報が配信されます。
登録はentry-yokohama@bousai-mail.jpへ空メールを送り、登録してください。

横浜市ヒートアイランド取組方針

横浜市のヒートアイランド対策の方向性を示したものです。(平成18年3月発行)
ダウンロード(PDF:3,029KB)

横浜市内のさまざまなヒートアイランド対策 

横浜市では、ヒートアイランド現象の緩和のためさまざまな取組を行っています。
令和元年度の施策・事業一覧(PDF:258KB)

横浜市ヒートアイランド対策の手引き

市民の皆様が気軽に取り組むことができるアイディアをまとめたものです。
ダウンロード(PDF:5,342KB)
事業や所管課等が変更になっている場合があります。

だれでもできるヒートアイランド対策(手引きから抜粋)

やってみよう その1

打ち水 暑い夏を涼しく過ごすために、「打ち水」をしましょう

環境創造局政策課では、打ち水前後の地面などの温度を計測できる“レーザー温度計”の貸出や打ち水の作法が書かれたチラシを提供することで市民の皆様、商店街、企業の方々の打ち水をサポートしています。
レーザー温度計の貸出やチラシの提供を希望される方は様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、お申し込みください。

申込用紙(様式)(エクセル:14KB)

打ち水入門(チラシ)

提出先   横浜市 環境創造局 政策課 環境保全担当
アドレス  ks-ondankeihatsu@city.yokohama.jp
ファックス 045-641-3490
郵送    〒231-0017 横浜市中区港町1-1(関内中央ビル6階)

やってみよう その2

屋上・壁面緑化 建物を緑で覆って室内温度の上昇を抑制しましょう
壁面緑化マニュアル(環境科学研究所)
屋上・壁面・地面の緑化助成(みどりアップ推進課)

対策(緑化や打ち水など)による効果(横浜市環境科学研究所)

九都県市で連携したヒートアイランド対策の取組

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、ヒートアイランド対策の取組を促進しています。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局 政策課 環境保全担当

電話:045-671-2891

電話:045-671-2891

ファクス:045-641-3490

メールアドレス:ks-ondankeihatsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:922-189-296

先頭に戻る