このページの先頭です

I▫TOP横浜「路線バス自動運転プロジェクト」始動!~日本初 大型バスによる営業運行での自動運転実証実験を実施します~

最終更新日 2019年8月27日

記者発表資料

令和元年8月27日

経済局新産業創造課

高木秀昭

電話番号:045-671-3913

ファクス:045-651-4867

横浜市と相鉄バス株式会社、群馬大学は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I・TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げます。
また、本プロジェクトの一環で、「里山ガーデンフェスタ2019 秋」の開催期間となる令和元年9月14日(土曜日)から10月14日(月・祝)まで大型路線バスを使用した自動運転の実証実験を行います。
この実証実験では、郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:879-170-125

先頭に戻る