このページの先頭です

掃部頭の銅像

最終更新日 2019年1月23日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

6.掃部頭の銅像 (紅葉ケ丘57)

掃部頭の銅像


ヨコハマ開港の功労者ということで大老井伊掃部頭直弼(いいかもんのかみなおすけ)の銅像がこの高台に建立されたのは明治42(1909)年のことである。

銅像の除幕にあたっては、掃部頭の評価をめぐりひと悶着あったようだ。その上この銅像は、第二次世界大戦の時に金属回収の犠牲となり、供出の憂き目にあう。掃部頭さんは桜田門外の変からこの方、ずっと御難続きだったといえよう。

もっとも今日では、美しく整備されたその名も掃部山公園の一角に立って、日々ひらけゆくみなとみらい21地区を眼下に見下ろしておられる。桜の季節になると満山、花見の人々で賑わう。ヨコハマ新名所の一つ横浜能楽堂は、公園の一画にある。

文・絵 長谷川 泰 (西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:583-229-858

先頭に戻る