このページの先頭です

旧東海道のおもかげ

最終更新日 2019年1月23日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

13.旧東海道のおもかげ (浅間町1丁目17の2付近)

旧東海道のおもかげ


浅間下の公園の裏、環状1号線から道ひとつ距てた静かな道筋が、旧東海道の名残である。百何十年か前までは、今の保土ケ谷駅や杉山神社の辺りまで、袖ヶ浦が湾入していた。今の東海道は、埋立後に拓かれた道である。

旧東海道は、浅間神社、神明社の前を通り、松原商店街を経て保土ケ谷宿に続く。十返舎一九の東海道中膝栗毛にあるように、宿の客引きが、「とっつかまえては(戸塚宿の前という洒落)はなさざりけり」と誌しているように、当時大いに栄えたようだ。

多くの人がさまざまな思いで歩いたであろうこの往還、今はひっそりとしたたたずまいで昔のおもかげもない。

文・絵 長谷川 泰 (西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:838-006-925

先頭に戻る