このページの先頭です

金星太陽面経過観測記念碑(紅葉ケ丘9の1付近)

最終更新日 2019年1月21日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

68.金星太陽面経過観測記念碑(紅葉ケ丘9の1付近)

金星太陽面経過観測記念碑


明治7(1874)年12月9日、金星が太陽の前面を通過するという珍しい現象がおきるについて、日本がその観測に最適ということで世界各国から観測隊が横浜、神戸、長崎に送りこまれて観測を行った。横浜へはメキシコ隊、フランシスコ・D・コバルービアスが隊長であった。

当時の日本は、といえば明治維新の余燼(よじん)いまださめず混沌のさ中にあった。政財界人が襲われたり、北海道では農業と防備を兼ねた屯田兵の制度が設けられたり、そして巷(ちまた)では「カッポレ」が流行していたころである。

自然科学の中でも、紀元前からの歴史をもつ天文学界だけあって、すでにこの時代からグローバルな研究が展開されていたのには驚く。なお、この碑は、100周年を記念して昭和49年に建立されたものである。

文・絵 長谷川 泰 (西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:696-952-120

先頭に戻る