このページの先頭です

とうふに思う

最終更新日 2019年1月23日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

10.とうふに思う (境之谷34の6)

とうふに思う


散歩の道筋にちょっと洒落た店がある。出窓の感じなど、看板がなければ一見ブティック風だが、これがなんとお豆腐屋さんなのである。看板に「純生どうふ」とある。なにか生ビールのようでおかしい。

私の子どものころ(ということは半世紀の昔)の記憶から、朝夕の「トーフィ、トーフ」という売り声と、ラッパの音は切り離せない。真ちゅうの大きくて刃のない包丁で、掌の上で切ってくれるのを小鍋などにいれてもらう。下町の風物詩のひとつであった。

ところで、辞書に「豆腐婆」というのが載っていた。「トウフウバ」と読むそうだが、これが転じて「ユバ(湯葉)」となったようだ。婆の字をあてたのは、皺っぽいことからの連想だろうか。

文・絵 長谷川 泰 (西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:980-535-845

先頭に戻る