このページの先頭です

本邦初のガス灯

最終更新日 2019年1月21日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

35.本邦初のガス灯(中区花咲町3丁目86付近)

本邦初のガス灯


区境からちょっと外れるが、紅葉坂とは目と鼻の先、本町小学校の前に、わが国初めてのガス灯がある。といってもこれは復元したものだが、実際に点火されたのは、明治5(1872)年10月のことであった。

ガス会社設立という偉業を成し遂げたのは、高島町一帯の埋め立てなどで今に名を残す、事業家の高島嘉右衛門である。彼はアメリカ、ドイツなどの外国資本と競い合い、免許を得るや私財を投じて独力でこれを完成させた。

明治7年には、自ら経営する割烹旅館の高島館や、現在の常盤町に開いた港座の内外を、光りまばゆいガス灯で飾り人々を驚嘆させた。港座のこけら落としは、中村翫雀(なかむらがんじゃく)一座。出し物は三世瀬川如皐作「近世開国魁」(きんせいみなとのさきがけ)とある。

文・絵 長谷川 泰(西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:498-959-339

先頭に戻る