このページの先頭です

ふるあめりかに袖はぬらさじ

最終更新日 2019年1月21日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

16.ふるあめりかに袖はぬらさじ(戸部町4丁目152の2)

ふるあめりかに袖はぬらさじ


掃部山(かもんやま)を下ると岩亀(がんき)横丁。ここのよほど気をつけないと見過ごすような細い路地の奥に「岩亀稲荷」が鎮座まします。

安政年間、中区の港崎(みよざき)町にあった遊郭「岩亀楼」の売れっ子遊女喜遊が、外国人に言い寄られて、これを拒み「露をだにいとふ倭(やまと)の女郎花(おみなえし)ふるあめりかに袖はぬらさじ」という辞世を残して自害した、というお話が今に残るが、これは後世の創作との説もある。

その岩亀楼の遊女が病気にかかると、この辺りにあった寮で静養したのだそうだ。そんな薄幸な女性たちの信仰を集めていたのが、このお稲荷さんであったという。例祭は毎年5月25日である。

文・絵 長谷川 泰(西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:244-646-664

先頭に戻る