このページの先頭です

I▫TOP横浜 微生物が生ごみを食べ自動駆動で堆肥を作る「スマートコンポスト」の実証実験をブランチ横浜南部市場で行います。

最終更新日 2023年1月10日

記者発表資料

令和5年1月10日

経済局産業連携推進課

松本 圭市

電話番号:045-671-3591

ファクス:045-664-4867

横浜市は「I▫TOP横浜」を通じた実証実験支援を行うことで、IoTやAIなどの先端技術を活用した生産性向上や社会課題の解決への貢献、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。
このたび、「I▫TOP横浜」の取組として、株式会社 komham(コムハム)(本社:北海道札幌市)が、生ごみの高速分解が得意な微生物群「コムハム」を活用し、ソーラー発電の電力で自動駆動し堆肥を作る「スマートコンポスト」をブランチ横浜南部市場(横浜市金沢区)に設置し、生ごみ処理量から温室効果ガス抑制データを解析する実証実験を行います。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局スタートアップ・イノベーション推進室産業連携推進課

電話:045-671-4600

電話:045-671-4600

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:183-256-534

先頭に戻る