このページの先頭です

女性社員インタビュー「株式会社旅コレクション」

時代とともに、女性の働きやすさを柔軟に変革する企業

最終更新日 2019年9月25日

企業紹介

1984年創業の旅行会社。社員旅行・視察旅行を専門にしたWebサイト「職場旅行.com」をはじめ、オーダーメイドの旅専門Webサイト「私の夢旅」などの旅行手配を行う。ホスピタリティの高いサービスに定評があり、多くのリピーターに支持されている。また、継続して働きやすい職場環境づくりに取り組み、「よこはまグッドバランス賞」を2016年以来、3回継続して受賞。

女性社員にインタビュー<キャリアを諦めずに働ける会社>

営業主任:加納彩香さん(入社7年目)

大学卒業後、行政機関が実施していたインターンシップ制度を活用し、「旅コレクション」にて約4カ月就労。その後、正社員として入社し、現職に就きます。仕事を通して“旅が好きになった”という加納さんに、会社の魅力と働き方について聞きました。

質問1.この会社を選んだ決め手は?

「旅行業にすごく興味があったわけではないのですが、インターンシップの機会をいただき、課題や実務を行うなかで、ストレスなく働ける職場だと実感。任期終了と同時に、入社を決めました。就職前の旅行経験は3カ国程度でしたが、先輩から旅の話を聞くのが好きで、ガイドブックや書籍でのリサーチも楽しいと思えたのも理由の一つです」

質問2.現在の仕事内容を教えてください

「社員旅行や視察旅行などを扱う『職場旅行.com』と、オーダーメイドの個人旅行を扱う『私の夢旅』の海外旅行手配を担当しています。流行の移り変わりが早い業界なので、お客様の希望を叶えるため、最新情報のインプットが欠かせません」

質問3.仕事の醍醐味は何ですか?

「担当したお客様から『楽しかった、また貴方にお願いしたい』と言ってもらえることです。個人旅行はリピーターが9割なので、お客様の好みを把握し、より良い提案ができるよう心がけています。また、日本や海外の経営者向け企業視察ツアーを担当したときは、余暇旅行と考え方が異なり、視察の“目的”をしっかりと把握してツアーを考える必要がありました。とても大変ですが、目的に則したツアーの提案により弊社のツアーに決めていただいたときは、達成感と成長を感じます」

質問4.スキルアップのためのバックアップはありますか?

「社内の研修会や社外の講演会に参加させてもらっています。例えば、『職場旅行.com』では経営者が考える“旅の目的”に合うツアーを提案することがあります。経営者セミナーに参加したことで“経営者の考え方”を知り、“何が求められているのか”をイメージする力が身に付きました。そのため、以前より提案できる幅が広がったと思います」

質問5.今の働き方はどうですか

「入社当時は、個人裁量による業務が多く、残業も当たり前でした。しかし、ITの活用が進み業務の細分化・共有化が図られたことで、社員の残業時間が大幅に減りました。今は毎朝、1日のスケジュールを社員全員が共有し、日に3回(11:30、15:00、17:00)進捗状況の確認をしています。遅れている業務は、フォローし合うことで、1人1人の負担が軽減し、社員の帰宅時間もフラットになったと感じます」

質問6.ターニングポイントはありますか?

「新卒採用を担当した3年前です。会社説明会や採用面接を通して、就活生の旅行業への華やかな“憧れ”を強く感じました。旅行業は、お客様の旅のサポートに徹する“裏方”としての仕事がほとんど。そのため、後輩の憧れを崩すことなく育てながら、裏方仕事に対する調和がとれるか悩みました。このときから“働き方”に対する考え方の違いを意識するようになりました」

質問7.働く上で、ロールモデルはいますか?

「旅行業はトレンドの変化が激しく、時短勤務が難しいことから、復職を諦める人が多くいます。ですが、弊社には他社で一度キャリアを諦めた人も週3日時短勤務で働いています。結婚や子育てなど、ライフステージやライフスタイルに合わせた働き方ができるので、将来を見据えて働けると感じています」

質問8.今後の目標を教えてください。

「人材育成制度の成功事例を作り、フォーマット化していきたいです。その理由は、新卒採用や新人教育を担当し、後輩の能力をもっと引き出す方法があると感じたためです。新卒採用をはじめて間もない弊社には、人材育成制度がまだないため、社内制度として構築することで考え方の方向性が定まり、今後の会社のためになると考えています」

我が社のイチオシポイント/コーチング型の朝礼

1日のスケジュールを共有するだけでなく、司会者を立てたコーチング型の朝礼を行っています。教材「13の徳目」を読み合わせることで、ビジネスに必要な思考力や伝達力などを鍛えています。また、個々の意見を発表する場でもあるので、互いを認め合う有意義な時間でもあります。

社長メッセージ

代表取締役社長:荒井佳代子さん

女性活躍推進を意識しはじめたのは、6年前。ITの進化とともに旅行業務も変化し始めたことがきっかけです。特に、航空券手配が主な業務だった時代は、最初から最後まで1人で仕事をするため、個人裁量に任せきり。そのため能力差による業務時間のバラつきが課題でした。ですが、webサイトを通じた旅行手配に変わると、以前よりも業務を分担しやすく、業務の共有ができるようになりました。
現在、1日のスケジュールを社員全員が毎朝共有し、日に3回(11:30、15:00、17:00)進捗状況を確認します。遅れている業務はシェアし、フォローし合う体制にしています。
また、ホスピタリティ・コーディネーターや旅行業務国家資格などスキルアップのためのバックアップをはじめ、適宜、研修会や講演会に参加することも。そのほか、月1回の面談を行い、社員1人1人の現状を把握し、社員全員が働きやすい環境づくりに努めています。
今秋から、在宅ワーク制度を検討中。週3日は時短勤務、週2日は在宅ワークをトライアル導入していきます。旅行業での在宅ワークは難しいとされてきましたが、IT化が進み在宅が可能な業種に変わりつつあります。また、ノー残業デーも設けます。
女性はライフステージにより、仕事が左右されるだけでなく、思い切り働きたい人もいれば、家庭を優先したい人もいます。だからこそ、社員が求める“働き方”を尊重し、“働き方”を割り切ることも大切だと感じています。旅行業は一度キャリアを断ち切ると、戻るのが難しいと言われています(トレンドの変化が激しく、時短勤務が難しいなど)。だからこそ、優秀な女性が好きな仕事でキャリアを断ち切らず、無理なく働き続けられる環境を整えることは、これからの時代に必要なこと。
女性が働くことが当たり前の時代、仕事にやりがいを、自分に生きがいを感じて欲しいです。

企業情報

社名:株式会社旅コレクション
所在地:横浜市中区尾上町3-35横浜第一有楽ビル5階
URL: https://tabi-colle.jp/index.html(外部サイト)
創業:1984年6月
資本金:2100万円
従業員数:10人
業種:旅行業(神奈川県知事登録旅行業 第2-1100号)、国内・海外旅行手配、業務渡航、社員旅行ほか
女性支援制度:時短勤務、在宅ワーク制度(来年導入予定)

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部経営・創業支援課

電話:045-671-4236

電話:045-671-4236

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-keiei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:596-571-009

先頭に戻る