このページの先頭です

高齢者の誤飲・誤食事故に御注意ください!

最終更新日 2020年2月27日

消費者のくらし

消費者庁からのお知らせ

高齢者の誤飲・誤食事故に御注意ください!

消費者庁には、65歳以上の高齢者の誤飲・誤食事故の情報がこれまでに165件寄せられており、薬のPTP包装シート(※1)や部分入れ歯、漂白剤、乾燥剤を誤飲・誤食したという事故が多く見られます。
高齢者は、視覚・味覚等の身体機能や判断力の低下、認知症などにより、誤飲・誤食のリスクが高まると考えられます。事故を防ぐため、高齢者のいる御家庭では、日頃から以下の点に注意しましょう。

1薬のPTP包装シートは1錠ずつに切り離さない。
2食品や薬とそれ以外のものは分けて保管する。
3食品以外のものを食品用の容器に移し替えない。
4認知症の方の手の届く所に不要なものや危険なものを置かない。

(※1)「PTP包装シート」とは「Press Through Package」の略で、医薬品等をアルミなどの薄いシートとプラスチックで1錠ずつ分けて包装したものをいう。

消費者庁ホームページのお知らせの詳細

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部消費経済課

電話:045-671-2584

電話:045-671-2584

ファクス:045-664-9533

メールアドレス:ke-syohikeizai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:479-493-337

先頭に戻る