このページの先頭です

医療現場のニーズを市内中小企業が解決 飛沫対策マスク「Pro M(プロエム)」全国で販売開始

最終更新日 2021年2月4日

記者発表資料

令和3年2月4日

経済局産業連携推進課

石津 雄一郎

電話番号:045-671-3591

ファクス:045-664-4867

 横浜市では、健康・医療分野のプラットフォーム「LIP.横浜」の一環として(公財)横浜企業経営⽀援財団とともに、医療機器開発に取り組む市内のものづくり企業等を⽀援する医工連携事業を推進しています。
 このたび、本事業の⽀援により、聖マリアンナ医科大学(川崎市宮前区)、ソルブ株式会社(横浜市港北区)、有限会社ロッキー化成(横浜市都筑区)の3者は、内視鏡検査(経口)専用の飛沫対策マスク「Pro M(プロエム)」を開発しました。既に同大学病院 内視鏡センターで先⾏販売分100 個を導入し、飛沫感染対策に活用しています。複数の医師の協⼒により使用上の安全性を確認し、医療機器卸売業であるソルブ株式会社から全国の医療機関へ販売を開始しました。
 なお、製造を担う有限会社ロッキー化成の提案により、同製品のフレーム部には焼却時の環境負担が少ないLIMEX(ライメックス)素材を使用しております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:281-470-762

先頭に戻る