このページの先頭です

横浜市内の集合住宅を活用した全自動菜園の実験を開始します

最終更新日 2021年3月4日

記者発表資料

令和3年3月4日

経済局産業連携推進課

石津 雄一郎

電話番号:045-671-3591

ファクス:045-664-4867

横浜市は「I・TOP横浜ラボ」の取組として横浜市住宅供給公社と連携して、集合住宅を実証フィールドとして提供し、新型コロナウイルスの感染対策への対応や、快適な住まいづくりのための新たなIoT製品・サービスの実証実験に関する提案を令和2年7月から8月にかけて募集して8件を採択しました。このうち6件は、すでに取組が開始されています。
今回新たに集合住宅の共有スペースにて全自動菜園ロボットの実証実験を開始します。それに伴い、住民を対象にしたロボットによる農作業実演イベントを実施します。
本取組を通じて、「イノベーション都市・横浜」をさらに推し進めるとともに、得られる成果を郊外住宅地・団地の再生の取組にも活かしていきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部産業連携推進課

電話:045-671-2037

電話:045-671-2037

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:657-547-449

先頭に戻る