このページの先頭です

植物紹介 ヒガンバナ

最終更新日 2019年2月5日

ヒガンバナの写真
撮影日: 2012.9.26

植物概要
和名ヒガンバナ
学名Lycorisradiata
科名ヒガンバナ科
原産地日本
特徴

開花時期が9月中頃から末頃と、ちょうど秋のお彼岸のころに咲くことから、ヒガンバナと名付けられました。真っ赤な花が印象的なヒガンバナですが、白や黄の花びらをもつものもあり、環境活動支援センターでは果樹園下の花壇、本館前などで見ることができます。ヒガンバナは異名が多く、全国に数百から千近く存在するそうです。「死人花」「地獄花」などと不吉で忌み嫌われることもありますが、「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」つまり「赤い花・天上の花」の意味でおめでたい兆しとされることもあります。

花言葉「悲しい思い出」「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「恐怖」

戻る

このページへのお問合せ

環境創造局みどりアップ推進部環境活動支援センター

電話:045-711-0635

電話:045-711-0635

ファクス:045-721-6356

メールアドレス:ks-shiencenter@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:568-288-599

先頭に戻る