このページの先頭です

植物紹介 ハナオクラ

最終更新日 2019年2月5日

ハナオクラの写真
撮影日: 2012.9.25

植物概要
和名花オクラ
学名Abelmoschusmanihot
科名アオイ科
原産地中国
特徴

別名、トロロアオイ。根に含まれた粘液質がトロロに似ていることから名付けられました。根の粘液は和紙の紙すきの際に糊として利用され、古くから栽培されました。また、野菜の「オクラ」と違い、「花オクラ」は花が食用となります。花はオクラ同様にヌメリがあり、ドレッシングや醤油などをかけると美味しく食べられるそうです。花期は7~8月。1日花で、朝に咲いて夕方にしぼみます。花の直径は大きなもので30センチほど。次々に咲きあがるのため、1ヶ月間程度花を楽しむことができます。環境活動支援センターでは実習展示場近くの花壇で見ることができます。

花言葉「恋によって身が細る」「恋の病」

戻る

このページへのお問合せ

環境創造局みどりアップ推進部環境活動支援センター

電話:045-711-0635

電話:045-711-0635

ファクス:045-721-6356

メールアドレス:ks-shiencenter@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:358-909-054

先頭に戻る