このページの先頭です

横浜公園(中区)

最終更新日 2019年4月1日

横浜では山手公園に次いで2番目に古い公園。横浜スタジアムと春のチューリップが有名です。
現在、横浜スタジアムは増築・改修工事を行っています。詳細は横浜スタジアムのサイト(外部サイト)をご確認ください。

横浜スタジアム

-横浜公園のチューリップ-

横浜公園では、約70品種約14万球のチューリップが植えられています。毎年11月頃に一部を緑化推進団体や一般の市民の方にお手伝いいただき球根を植えています。品種により開花期が異なり、天候にもよりますが例年4月上旬から下旬に開花、見頃を迎えます。

(参考)ツイッター横浜環境情報:http://twitter.com/yokohama_kankyo(外部サイト)

中区役所チューリップ通信:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/special/tulip/

チューリップ1
チューリップ(平成22年4月撮影)

チューリップ2チューリップ(平成23年4月撮影)



水の広場
水の広場(平成23年5月撮影)

日本庭園
日本庭園(平成21年7月撮影)


噴水
噴水(平成21年7月撮影)

蹲踞と水琴窟
蹲踞と水琴窟(平成26年4月撮影)


関内駅下車徒歩5分(中区横浜公園)駐車場なし
開園:明治9年2月〈総合公園)
面積:63,787m2

この公園は、横浜の中では山手公園についで2番目に古い公園で、現在の市庁舎隣にあり、横浜という都市の発展と共に歩んできた公園といえます。在留外国人の生活環境改善を求めた条約に基づき、遊郭の跡地に整備が行われ、明治9年に開園、一般の人々にも開放されたため当時は「彼我(ひが)公園」といわれていました。
明治42年には、公園全域が横浜市の管轄となり、大震災と戦後の接収時代を経て、昭和27年の解除後は当時の平沼市長が命名した公園内の平和球場で高校、大学、ノンプロの野球試合が数多く行われました。
昭和53年に横浜スタジアムが建設されたのを機に、園内の老朽化した諸施設を改築、日本庭園風の池と流れ、噴水や多目的広場などが整備されました。さらに昭和62年、水道の貯水設備と共に、水の出る4つの彫刻がある水の広場が整備され、現在の形になっています。
1年を通じ人気のある横浜公園ですが、見物は何といっても春のチューリップでしょう。公園を彩る色とりどりの花は16万球にのぼり、様々なタイプの品種を見ることができ、開花の時期には多くの人々で賑わいます。公園内には横浜の公園でもめずらしい水琴窟が日本庭園部分にある「蹲踞(つくばい)」の下にあります。
地中に瓶を埋め、落下する水滴の音を反響させて楽しむ、庭園の技法でも高度なもので、その澄んだ音色は都会の喧噪を忘れさせてくれます。

横浜公園は平成21年2月に近代化産業遺産の認定を受けました。

なお、当該公園用地は、国有地の無償貸付を受けております。

★★当ホームページの写真はご自由にお使いください。★★

平面図(PDF:102KB)

着色平面図(PDF:110KB)

代表的な公園へ戻る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

南部公園緑地事務所都心部公園担当

電話:045-671-3648

電話:045-671-3648

ファクス:045-550-3917

メールアドレス:ks-toshinbu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:892-533-194

先頭に戻る