このページの先頭です

鶴見駅周辺地区交通バリアフリー基本構想

最終更新日 2019年1月17日

横浜市では、平成12年に施行された「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」【通称:交通バリアフリー法】に基づく基本構想の対象地区(重点整備地区)として先行的に4地区(関内、鶴見、横浜、新横浜の各駅周辺)を選定し、高齢者、障害者を含む利用者、関係する事業者、そして行政が一体となっての計画の検討を進めました。
平成16年8月6日に本市で初めての交通バリアフリー基本構想として関内駅周辺地区、鶴見駅周辺地区両地区において、基本構想を策定しました。

鶴見駅周辺地区交通バリアフリー基本構想のダウンロード

特定道路について

平成20年12月には、鶴見駅周辺地区バリアフリー基本構想・重点整備地区内の特定経路の一部が国土交通大臣から特定道路に指定されました。(特定道路指定図のPDF: 鶴見駅周辺地区(PDF:1,110KB)

鶴見駅周辺地区について

鶴見駅・京急鶴見駅周辺地区は、横浜市の副都心であり、鶴見区の中心に位置し、業務、商業、公共施設や福祉、医療施設が集積しています。

検討経緯

基本構想の策定をすすめるに際して、全市的な観点から基本構想について検討していただくために、「横浜市交通バリアフリー専門委員会」を設置するとともに、対象地区毎に基本構想の具体的な検討を行うために、「鶴見地区部会」を設置し検討を進めました。

  • 横浜市交通バリアフリー専門委員会

委員長:日本大学理工学部建築学科 教授 野村 歡

副委員長:横浜国立大学大学院 助教授 大原 一興

  • 鶴見地区部会

部会長:茨城大学工学部 助教授 山田 稔

第1回横浜市交通バリアフリー専門委員会【平成15年7月1日】

重点整備地区として、関内駅、鶴見駅、横浜駅、新横浜駅周辺の4地区を選定し、検討を進めることを確認しました。

第1回地区部会【平成15年9月11日】

交通バリアフリー法の仕組みを確認し、鶴見地区における今までの取組と今後の進め方を議論しました。

第2回横浜市交通バリアフリー専門委員会【平成15年10月21日】

重点整備地区の選定要件等を確認しました。

第2回地区部会【平成15年10月23日】

鶴見地区における関連計画や予定されている事業について確認しました。

第3回地区部会(まちあるき点検ワークショップ)【平成15年11月13日】

まちあるき点検を行い、点検後、各グループ毎に課題の整理及び対応案の検討を行いました。

第4回地区部会【平成15年12月4日】

まちあるき点検、および過年度の調査等から地区内の問題点を整理して、重点整備地区のエリア設定、バリアフリー化を進める経路について検討しました。

第5回地区部会【平成16年1月8日】

事業の重要性および整備の実現性を考慮して、バリアフリー化のために実施すべき事業(特定事業)、および経路について検討を行いました。

第3回横浜市交通バリアフリー専門委員会【平成16年1月20日】

関内駅、鶴見駅周辺の2地区の基本構想素案を確認しました。

パブリックコメント【平成16年2月16日から3月15日からまで】

関内駅、鶴見駅周辺の2地区の基本構想素案を対象にパブリックコメントを実施しました。

第6回地区部会【平成16年3月30日】

パブリックコメントでいただいた意見等を元に、基本構想原案について検討を行い、地区部会として原案を確定しました。

第4横浜市交通バリアフリー専門委員会【平成16年4月8日】

パブリックコメント、および両地区の最終部会でいただいた意見を元に作成した基本構想原案を確認しました。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

道路局計画調整部企画課

電話:045-671-4086

電話:045-671-4086

ファクス:045-651-6527

メールアドレス:do-barrierfree@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:520-842-024

先頭に戻る