このページの先頭です

マイナンバーカードの電子証明書の更新について

最終更新日 2020年9月14日

マイナンバーカードの電子証明書関連手続きで窓口の混雑が予想されます

マイナポイント関係の手続きを行う方が増えることに伴い、連休明けの7月27日(月曜日)以降、区役所戸籍課窓口の混雑が予想されます。そのため、マイナンバ―カードの電⼦証明書の発⾏・更新や暗証番号の再設定等の⼿続きについて、⻑時間お待ちいただく場合や、早めに受付を終了する場合があります。
詳細については、マイナンバーカードの電子証明書関連手続きで窓口の混雑が予想されますをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止について

マイナンバーカードに記録された電子証明書には、有効期限があり、有効期限前に更新をお知らせする通知をお送りしています。
(現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、通知の発送を一時停止していましたが、令和2年5月19日より順次、通知の発送を再開しています。)
有効期限を過ぎると、コンビニ交付やe-Tax等が利用できなくなりますが、有効期限後であっても、マイナンバーカードに電子証明書を再登録する手続きは可能です。区戸籍課窓口の混雑する時期(春の引越しシーズン)を避け、手続きもできますので、ご検討ください。

概要

マイナンバーカードに記録されている電子証明書は、住民票の写し等のコンビニ交付やe-Tax(税の電子申告)などに必要なものです。
電子証明書には有効期限があります。
有効期限内に更新手続を行わない場合は電子証明書が失効し、コンビニ交付やe-Tax等が利用できなくなります。
引き続きコンビニ交付やe-Tax等の利用をご希望の場合は、電子証明書の更新手続をお願いします。(手数料は無料)
(更新手続を行わない場合も、マイナンバーカードは、顔写真付きの本人確認書類としてご利用いただけます。)
なお、更新期限が近づいた方には白い封筒で「マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ」が郵送されます。

電子証明書とは

マイナンバーカードにはICチップに「署名用電子証明書」、「利用者証明用電子証明書」の2種類の電子証明書が標準的に搭載されています。それぞれの特徴は次のとおりです。

  • 署名用電子証明書
    氏名、住所、生年月日、性別が記載され、e-Taxによる確定申告など電子文書を送信する際に使用できます。
    暗証番号は6~16桁の英数字です。
  • 利用者証明用電子証明書
    マイナポータル(外部サイト)コンビニ交付の利用時等、本人であることを証明する際にその手段として使用できます。
    暗証番号は数字4桁です。

案内のお知らせ(郵送)について

電子証明書の更新期限が近づいた方には、お知らせを郵送します。
お知らせは青い封筒と白い封筒で2回届きます。白い封筒→青い封筒の順で届きますが、白い封筒のお知らせの案内による手続をお願いします。
(※事前予約が必要な区にお住まいの方で、郵便事情等により、白い封筒が届いていない場合は、お住まいの区の区役所戸籍課にお問い合わせください。)

  • 青い封筒有効期限通知書(外部サイト)
    青い封筒に記載された発送元は横浜市の区役所となっていますが、地方公共団体情報システム機構が全国一律で発送しています。
    白い封筒によるご案内よりあとに届きますので、すでに更新手続きが済んでいる方は、再度の手続きは必要ありません。
  • 白い封筒:マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ
    白い封筒については、横浜市の区役所から、区役所での手続や問合せ先など、より具体的な内容をお伝えするためにお送りしています。
    白い封筒のイメージ

    白い封筒のイメージ

手続窓口・受付時間

手続を行える期間(更新手続期間)

電子証明書の有効期限の3か月前の翌日からその期限まで
(例:午前有効期限が3月24日の場合:12月25日から3月24日まで)

  • 電子証明書の有効期限が切れた後でも更新手続は可能ですが、有効期限内に更新手続を行わない場合は電子証明書が失効し、コンビニ交付やe-Tax等が利用できなくなります。
  • 更新手続期間より前に手続を行うと、新たな電子証明書の有効期間が短くなりますのでご注意ください。
  • 有効期間に関する詳細は、マイナンバーカードと電子証明書の有効期間についてをご確認ください。

手続窓口

お住まいの区の区役所戸籍課登録担当

手続の予約

区によっては事前予約制を導入しています。
区別の手続方法を次の表でご確認ください。

区別の手続方法
お住まいの区(あいうえお順)手続方法
旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、保土ヶ谷区、緑区、南区

事前予約(※)が必要です。

次のシステムにてご予約の上、お越しください。


電話予約をご希望の方は次の専用ダイヤルへご連絡ください。

なお、朝の受付開始直後の時間帯や電子証明書の更新のお知らせが到達した日とその翌日は電話が大変混み合います。あらかじめご了承ください。


横浜市マイナンバーカード専用ダイヤル(令和2年4月より受付時間を拡大)

電話番号:0120-769-706(無料)
受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後8時

土・日曜日、祝日、休日及び年末年始(12/29~1/3)の午前9時から午後5時30分

 

※一部IP電話などでつながらない場合は、045-550-5454へご連絡ください。
※聴覚、言語に障がいのある方は、ファクス(045-350-8484)をご利用ください。

  

※事前予約について

  • 予約は電子証明書の更新手続期間の初日(有効期限の3か月前の翌日)から行うことができます。
  • 予約受付は来庁希望日前日の午後5時までです。
  • 予約受付は40日後まで承っております。(40日後が閉庁日の場合は、その前の開庁日まで)
  • 新型コロナウィルス感染症拡大防止を目的とし、窓口の混雑を緩和するため、令和2年7月16日以降に有効期限を迎える方については、更新に関する通知の発送を一時停止していまいたが、令和2年5月19日より順次、通知の発送を再開しています。なお、電子証明書の有効期限経過後も、更新手続期間内での手続きと同様に、電子証明書の発行手続きが無料で行えます。
青葉区、西区、直接区役所戸籍課へお越しください。(事前連絡は不要です)
 
※「マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ」に記載された更新手続期間より前に手続を行うと、新たな電子証明書の有効期間が短くなりますのでご注意ください。

予約の際の注意

予約の際に必要となる予約IDは、白い封筒に同封の「マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ(予約ID通知書)」に記載されています。

予約ID通知書のイメージ


予約受付期限について

予約受付は来庁希望日前日の午後5時までです。

受付時間

窓口受付時間
平日(月曜日から金曜日)午前8時45分から午後5時まで
第2・第4土曜日午前9時から正午まで

※祝日、休日、年末年始(12月29日から1月3日)を除きます。(第2・第4土曜日と祝日が重なった場合は開庁します。)


  • 土曜日開庁や月曜日などの休日明けは、窓口が大変混雑します。
    なるべく別の日をご利用いただき、混雑の集中緩和にご協力をお願いします。
  • 受付終了(平日は午後5時、第2・4土曜日は正午)直前は混雑します。時間に余裕を持って、早めにお越しください。
  • 窓口の状況によりお待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 事前予約が必要な区では、区役所の開庁時刻(平日は午前8時45分、第2・4土曜日は午前9時)と同時刻の予約も受け付けている場合があります。この場合、予約時刻を過ぎても窓口にお越しください。

手続に必要な書類

手続を行う方によって異なります。

本人による手続の場合

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ
    ※ただし、お知らせが届いていない方はお持ちいただかなくても手続が可能です。
  3. マイナンバーカードの暗証番号 ※窓口で確認します。
    ※更新手続の際に、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)及び署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数字)を確認します。事前にご確認の上、窓口にお越しください。
    ※カード交付の際に、暗証番号を記載したメモなどがありましたら、お持ちいただくとスムーズにお手続きいただけます。
    手続の際の注意点もご確認ください。

任意代理人による手続の場合

「照会書兼回答書」がお手元にある場合(即日発行)

  1. 更新対象者本人のマイナンバーカード
  2. 照会書兼回答書(「マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ」の裏面)
    更新対象者本人が暗証番号を暗証番号を含む必要事項を記載し、封筒に封入するなど、代理人に暗証番号が見えない状態でお持ちください。
    ※照会書兼回答書は青い封筒で届く「有効期限通知書」(外部サイト)に同封されています。また令和2年4月以降は白い封筒で発送する「マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ」にも同封しています。
    ※暗証番号の照合ができない場合は暗証番号の再設定が必要となり、文書照会による再度来庁が必要となります。
  3. 任意代理人の、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)
    手続の際の注意点もご確認ください。

「照会書兼回答書」がお手元にない場合(文書照会による2回来庁)

更新対象者本人への文書による照会をさせていただいた後に手続きを行います。
したがって、文書照会の前と後、合計2回窓口に来ていただき、手続を行っていただきます。

1回目の来庁の際に必要な書類
  1. 更新対象者本人のマイナンバーカード
  2. マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ
    ※ただし、お知らせが届いていない方はお持ちいただかなくても手続が可能です。
  3. 任意代理人の本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
2回目の来庁の際に必要な書類
  1. 更新対象者本人のマイナンバーカード
  2. マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ
    ※ただし、お知らせが届いていない方はお持ちいただかなくても手続が可能です。
  3. 署名又は記名押印のある照会書兼回答書(文書照会の際に同封しています)
    ご本人に暗証番号を記載していただき、代理人に暗証番号が見えないよう、シールを貼付した状態でお持ちください。
  4. 任意代理人の、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

成年後見人による手続の場合

注意

更新対象者本人が成年被後見人の方の場合、成年後見人の方に手続をお願いしています。
なお、署名用電子証明書の更新の場合、必ず更新対象者本人も窓口に同行する必要があります。

  1. 更新対象者本人のマイナンバーカード
  2. マイナンバーカード電子証明書 有効期限のお知らせ
    ※ただし、お知らせが届いていない方はお持ちいただかなくても手続が可能です。
  3. 成年後見人の、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど。顔写真付きの本人確認書類がない場合は、文書照会となります。)
  4. 登記事項証明書(外部サイト)
  5. マイナンバーカードの暗証番号 ※窓口で確認します。
    ※更新手続の際に、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)及び署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数字)を確認します。事前にご確認の上、窓口にお越しください。
    ※カード交付の際に、暗証番号を記載したメモなどがありましたら、お持ちいただくとスムーズにお手続きいただけます。
    手続の際の注意点もご確認ください。

手続の際の注意点

  • 更新手続の際に、マイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)及び署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数字)を確認します。事前にご確認の上、窓口にお越しください。
    暗証番号が不明な場合やロックがかかっている場合は、暗証番号の再設定の手続が必要です。
  • お住まいの区によっては、手続の事前予約が必要となります。詳細は手続の予約をご確認ください。
  • 本人確認書類について
    • 氏名・住所が最新のもので、住民票上の記載と一致しているものをお持ちください。
    • 有効期限が定められている本人確認書類は、有効期間内のものをお持ちください。
    • 本人確認書類は、手続の際に複写させていただきます。あらかじめご了承ください。

このページへのお問合せ

横浜市マイナンバーカード専用ダイヤル

電話:0120-769-706

電話:0120-769-706

ファクス:045-350-8484

市民局区政支援部窓口サービス課(このページの表記に関する問合せ)

電話:045-671-2176

電話:045-671-2176

ファクス:045-664-5295

メールアドレス:sh-madoguchi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:136-738-610

先頭に戻る