このページの先頭です

港の見える丘公園(拡張部)へ移築予定の西洋館利活用についてのサウンディング型市場調査

現在計画している港の見える丘公園(拡張部)整備事業で移築予定の西洋館(横浜市認定歴史的建造物)について、保全を行いつつ、民間事業者等との連携による利活用の可能性を探るため、サウンディング型市場調査(対話)を実施します。

最終更新日 2021年4月26日

サウンディング型市場調査(対話)

今回の対話は、利活用アイデアをお伺いするものであり、その結果を踏まえ、利活用手法を決定していきます。公募型事業として進める場合は、具体的な公募条件(案)を示した2回目の対話を実施する予定です。

対話の実施方法・申込の方法 (詳細は、実施要領で必ず確認してください)
期間 令和3年5月17日(月曜日)~令和3年5月28日(金曜日)
場所 横浜市役所(共用会議室)
対象者 事業実施に関心のある法人または法人のグループ等
方法

直接対話、WEB会議システム(Zoomを利用予定)による対話
※ご希望により、書面参加(「提案シート」を利用)も可能です。

申込

「エントリーシート」をEメールで緑地保全推進課へお送りください。
Eメール送付先:ks-ryokuchihozen@city.yokohama.jp
件名は【対話参加申込】としてください。
申込期間:令和3年4月26日(月曜日)~令和3年5月25日(火曜日)
※申込みいただき次第、順次日時等をご連絡します。
※WEB会議システムご希望の場合は、日時等は個別に相談の上、決定します。
※書面参加ご希望の場合でもエントリ―シートをご提出ください。


対話内容 (アイデアをご提案いただくに当たっての条件がありますので、実施要領で必ず確認してください)

対話
内容

①港の見える丘公園の立地特性や魅力
②西洋館の利活用(用途、範囲、増築の有無など)
③周辺園地の利活用の有無
④公園整備や西洋館の保存に必要な工事費の負担の可能性
⑤公園管理への関わりの程度
⑥地域への貢献、関わり方
⑦事業期間の想定
⑧「新しい生活様式」、「ICT(情報通信技術)を活用したサービス向上」、「横浜市の環境施策(例:脱温暖化)」に資する工夫
⑨市内事業者の活用
⑩利活用に当たっての市への要望


実施要領、エントリーシート、提案シートほか

位置図・案内図等

移築予定西洋館の写真
移築予定の西洋館

対話に関する問合せ先

環境創造局みどりアップ推進部緑地保全推進課
横浜市中区本町6丁目50番地10(市庁舎27階)
電話:045-671-3534
ファクス:045-224-6627
メールアドレス:ks-ryokuchihozen@city.yokohama.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部公園緑地管理課公民連携担当

電話:045‐671-3847

電話:045‐671-3847

ファクス:045-550-3916

メールアドレス:ks-koenppp@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:570-761-181

先頭に戻る