このページの先頭です

公募型行為許可制度の本格適用(公園と行為の一覧)

公募型行為許可制度とは、公益性を確保することを条件に、公園で民間事業者等が、自ら主催し、そのアイデアを活用したイベント等を行うことができるようにする制度のことです。確保する公益性として、公園はいつでも誰もが自由に利用できるオープンスペースであることを鑑み、①当該行為(イベント等)の参加者、②他の公園利用者、③周辺地域、④本市、にメリットがあることを目指します。その上で、①公募による公平性の確保、②一定の条件下での行為許可の基準緩和、により、公園の機能増進や利用者満足度の向上等を実現します。

最終更新日 2022年5月19日

都心臨海部の公園での健康づくり(令和4年度~)

対象公園:山下公園、大通り公園
行為内容:ヨガ等
確保する公益性:①市民の健康づくり、②公園の魅力アップに資する取組など
基準緩和:①民間事業者による単独申請が可能、②1か月に2日まで実施可能

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部公園緑地管理課公民連携担当

電話:045-671-3847

電話:045-671-3847

ファクス:045-550-3916

メールアドレス:ks-koenppp@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:512-355-326

先頭に戻る