このページの先頭です

一団地認定・連担建築物設計制度

最終更新日 2019年5月7日

一団地認定及び連担建築物設計制度は、区域内の各建築物が所定の計画水準に達し、かつ区域全体として防火上、安全上、衛生上支障ない計画について、「一敷地一建築物」という建築基準法の原則を緩め、全体として調和のとれた計画の実現を目指すものです。この基準を活用し数多くの住宅団地等が建設され、その地域にふさわしい環境や街並みの形成が行われています。

・横浜市建築基準条例の改正との整合等を図るため、平成22年7月に認定基準を改正しました。
・新元号への対応に伴い一部改正しました。<R元.5.1>

<根拠条文>建築基準法第86条、第86条の2
<制定経過>昭和56年9月1日制定 令和元年5月1日改正

認定基準

一団地認定・連担建築物設計制度
横浜市一団地認定・連担建築物設計制度基準(令和元年5月改正)(PDF:271KB)

申請書・様式等のダウンロード

申請書

認定概要書

その他

様式

注意事項

  • 当認定を受けた区域内で増築(建替えを含む)を行う場合は、その都度、改めて認定等を受けなければなりません(建築基準法第86条の2)。
  • 認定区域内かどうかは、市街地建築課の許認可プロット図でご確認いただけます。
  • 申請手数料は、建築基準法に基づく許認可の手数料をご覧ください。

参考:過去の認定基準

参考:横浜市一団地認定・連担建築物設計制度 適用一覧

市街地担当-建築局市街地建築課

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局 建築指導部 市街地建築課

電話:045-671-4525

電話:045-671-4525

ファクス:045-681-2438

メールアドレス:kc-shigaichikenchiku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:956-730-857

先頭に戻る