このページの先頭です

大山道道標

最終更新日 2019年1月11日

大山道道標(登録番号018)

大山道道標

幕末の嘉永2年(1849年)に梅田講中によって建てられた庚申塔です。
大山信仰が盛んだった頃に、大山へ向かう人たちのために刻まれた道標で、庚申塔には、左が「大山みち」、右が「さくばみち」と標されています。
さくば(乍場)は、当時の農耕地を示したもので、さくばみちは農地で行き止まりとなっており、大山道へ進む人が道を間違えないための道標となっていました。
現在では年間を通して、三保市民の森愛護会が、庚申塔の周りの草刈りや道路の落ち葉清掃を行っています。

大山道道標


大山道道標

大山道道標
▲大山道道標


所在地

横浜市緑区三保町500
大山道道標 地図

このページへのお問合せ

緑区総務部区政推進課

電話:045-930-2220

電話:045-930-2220

ファクス:045-930-2225

メールアドレス:md-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:613-216-953

先頭に戻る