このページの先頭です

環状3号線(日野南・小山台地区)

最終更新日 2023年11月1日

環状3号線(日野南・小山台地区)は、昭和44年に暫定整備された区間で、中央分離帯を設置した暫定2車線で供用されていました。
近年、環状3号線全体の整備が進み、前後区間は4車線となっていますが、2車線で供用している日野南・小山台地区が交通流を妨げるボトルネックとなっており、渋滞が発生していました。そのため、交通流の円滑化を目的とした4車線化事業を進め、
令和4年3月24日に4車線化での供用を開始しました。

環状3号線(日野南・小山台地区)事業概要
事業地区環状3号線(日野南・小山台地区)
区間栄区小菅ケ谷四丁目~港南区港南台九丁目
事業年度平成25年度~令和4年度
規模延長約1,200m 標準幅員22m(4車線)
整備効果
  • 交通流の円滑化
    • 4車線化により交通容量が増加し、渋滞が緩和されます。さらに、災害時などの緊急輸送路としての機能が向上します。
  • 交通安全対策
    • 連続した植樹ますにより狭くなっていた歩道を、単独の植樹ますに変更することで広い歩行空間を確保します。
    • 街路樹の植え替えを行い、植樹間隔を広げることで見通しを良くします。
    • 車道中央に横断防止柵を設置することで、歩行者の乱横断を防止します。
    • 歩道と車道の段差を少なくし、歩行者にやさしいバリアフリー化を進めます。
  • 道路環境の負荷の低減
    • 4車線化による渋滞の減少により、沿道のCO2排出量を削減できます。
    • 車道を低騒音舗装にすることで、車両走行時の騒音を低減します。
事業進捗率※100%
現在の工事契約内容

現在契約中の工事はありません。

工事に関するお知らせ現在工事のお知らせはありません。
関連情報

◆道路改良工事 工事説明会
  令和元年12月4日 小山台地区  説明会資料(PDF:872KB)


※事業進捗率は、総事業費の執行率として示したものです。

事業区間


写真
4車線化前

4車線化後


p



PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

道路局建設部建設課

電話:045-671-3521

電話:045-671-3521

ファクス:045-663-8993

メールアドレス:do-kensetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:272-461-612

先頭に戻る