このページの先頭です

市道磯子第245号線(国道16号)杉田地区

最終更新日 2019年3月15日

 環状3号線と臨海部方面の連絡を強化するため、環状3号線起点の青砥坂交差点から磯子産業道路(市道磯子第245号線)の新境橋交差点までの区間を拡幅する事業を進めています。この区間のうち、一般国道16号(市道新杉田第156号線)については、国土交通省と共同で事業を行っています。

事業概要
事業地区市道磯子第245号線(国道16号)杉田地区
(旧名称 市道磯子第476号線)
区間磯子区杉田五丁目(磯子産業道路 新境橋交差点付近)から
金沢区冨岡東一丁目(環状3号線 青砥坂交差点付近)まで
経緯昭和62年度 国道16号 都市計画変更(幅員22m→28m)
平成 4年度 用地買収開始
平成11年4月 環状3号線供用に合わせ、国道16号下り線に右折車線設置(約300m)
規模
  • 磯子産業道路(市道磯子第245号線:旧名称 市道磯子第476号線)
    • 延長約300m 標準幅員30m(5車線)
  • 国道16号(市道新杉田156号線:旧名称 市道新杉田第270号線)
    • 延長約500m 標準幅員28m(6~4車線)
整備効果
  • 環状3号線と臨海部方面のアクセス強化
    • 横浜市南部の磯子区、港南区、栄区、戸塚区を通る環状3号線南側区間と、磯子産業道路や国道357号、首都高湾岸線との連絡性を向上することにより、本市南部と臨海部の関係を強化し、物流や産業など社会経済活動の活性化を図るとともに、市民行動の拡大をサポートします。
  • 国道16号の渋滞緩和と都市環境の改善
    • 国道16号杉田交差点や青砥坂交差点をボトルネックとした慢性的な渋滞を緩和するとともに、自動車交通の走行速度を改善させることで、周辺地域に負荷をかけていた都市環境を改善します。
事業進捗率※86%(平成30年度末見込み)
用地取得率※89%(平成30年度末見込み)
関連情報国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所ホームページ(道路事業/一般国道16号/杉田交差点改良)(外部サイト)

※事業進捗率は、総事業費の執行率として示したものです。
※用地取得率は、事業認可を受けた区域のうち、取得済み面積の割合を示したものです。

事業区間の画像

事業区間

現況写真(平成27年9月)
杉田交差点から新杉田駅方面杉田交差点から青砥坂交差点方面

杉田交差点から新杉田駅方面を見た写真


杉田交差点から青砥坂交差点を見た写真


このページへのお問合せ

道路局建設部建設課

電話:045-671-3521

電話:045-671-3521

ファクス:045-663-8993

メールアドレス:do-kensetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:953-819-309

先頭に戻る