このページの先頭です

7月 号令一下の消防団を担う多様性

最終更新日 2022年7月20日

 7月17日(日)、臨海部民間事業所の広い敷地で、神奈川消防団・夏季訓練会が開催され、観覧しました。区内9つの分団から10隊が参加し、日ごろの鍛錬の成果を競いました。
 「小型ポンプ操法」の競技は、1チーム5人、防火水槽の水で一定の距離にある火災現場の消火をする技術とタイムを競う競技で、重量があり扱い難い小型ポンプ、消防ホース、筒先の取り回しや、的確・迅速な手順、連携が試されるものです。
 いずれのチームも、相当の時間をかけ訓練を重ね、きびきびとした動作、掛け声は圧巻で、頼もしさや凛々しさを感じました。選手の2割は女性で、外国籍の方や在勤保育士の方もおられ、神奈川大学学生によるチームもありました。
 様々な区民の方々が、消防団員として、自分のまちを守っているのを目の当たりにし、感動した一日でありました。


神奈川消防団・夏季訓練会の様子


小型ポンプ操法の様子

令和4年7月

神奈川区長 日比野 政芳

このページへのお問合せ

神奈川区総務部区政推進課

電話:045-411-7021

電話:045-411-7021

ファクス:045-314-8890

メールアドレス:kg-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:504-122-265

先頭に戻る