このページの先頭です

横浜市新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業について(通称:かかり増し助成)

最終更新日 2022年6月17日

横浜市新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業について(通称:かかり増し助成)

更新履歴

○令和4年

・6月17日 令和3年度分の消費税仕入れ控除税額に係る報告について、受付を開始しました。

※令和4年度の受付につきましては、ご案内の時期は未定となります。確定し次第、周知いたしますので、お待ちください。

概要

介護サービスは、要介護高齢者等やその家族の日常生活の維持にとって必要不可欠なものであるため、新型コロナウイルスの感染等によりサービス提供に必要な職員が不足した場合でもサービスの継続が求められること等から、本事業により、新型コロナウイルスの感染等による緊急時のサービス提供に必要な介護人材を確保し、職場環境の復旧・改善を支援します。

ただし、介護報酬及び他の国庫補助金等で措置されているものは本事業の対象外となります。
詳細については、申請マニュアルをご確認ください。

資料

補助対象事業所

(1)新型コロナウイルス感染者が発生又は濃厚接触者に対応した介護サービス事業所・施設等
(休業要請を受けた事業所・施設等を含む)
 ① 利用者又は職員に感染者が発生した介護サービス事業所・施設等
 ② 濃厚接触者に対応した訪問系サービス事業所
 ③ 県又は保健所を設置する市から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所系サービス事業所
 ④ 感染等の疑いがある者に対して一定の要件のもと自費で検査を実施した介護施設等
 ⑤ 病床ひっ迫等により、やむを得ず施設内療養を行った高齢者施設等
(2)新型コロナウイルス感染症の流行に伴い居宅でサービスを提供する通所系サービス事業所
(3)感染者が発生した介護サービス事業所・施設等の利用者の受け入れや当該事業所・施設等に応援職員の派遣を行う事業所・施設等

対象経費

対象経費
(1)コロナの陽性者等が発生した事業所でかかった経費
  緊急雇用にかかる費用、職員への割増賃金の支給、職員への時間外や休日手当等の諸手当、(コロナ手当・危険手当)の支給(さかのぼってコロナ手当・危険手当を支給した場合も対象になります)、人材派遣業者や職業紹介業者への手数料、損害賠償保険への加入、帰宅困難職員の宿泊費、連携機関との連携に係る旅費、
  介護サービス事業所・施設等の消毒、清掃費用
  感染性廃棄物の処理費用
  在庫の不足が見込まれる衛生用品(マスク、手袋等)の購入費用
(2)通所系サービスが訪問によりサービス提供した場合の費用
  緊急雇用にかかる費用、割増賃金・手当、職業紹介料、損害賠償保険の加入、代替場所の確保(使用料)、ヘルパー同行指導への謝金、訪問サービス提供に必要な車や自転車のリース費用、通所できない利用者の安否確認等用のタブレットリース費用(通信費除く)
(3)一定の要件に該当する自費検査費用(要綱別添1参照)
(4)施設内療養に係る費用
  施設内療養を行う場合に発生する、通常のサービス提供では想定されない追加的な手間について、施設内療養者一人あたり15万円まで補助(要綱別添2参照)
(5)コロナの陽性者等が発生した事業所を支援した事業所でかかった経費
  感染が発生した事業所等からの利用者の受け入れに伴う介護人材確保費用
  感染が発生した事業所等への介護人材の応援派遣のための、緊急雇用にかかる費用、割増賃金・手当、職業紹介料、損害賠償保険の加入費用、職員派遣に係る旅費・宿泊費

対象期間

令和3年4月1日以降に発生した経費(令和3年度末まで)が対象となります。

申請スケジュール

第1回 交付申請書 提出〆切 10月27日(水曜日)〆切【必着】→終了しました。
第2回 交付申請書 提出〆切 11月30日(火曜日)〆切【必着】→終了しました。
第3回 交付申請書 提出〆切 12月23日(木曜日)〆切【必着】→終了しました。
 【申請の対象となる期間】
  「令和3年11月30日までに陽性が判明した事業所・施設」
   ※原則、対象期間以外及び〆切日以降の申請は受け付けません。
第4回 交付申請書 提出〆切 令和4年1月27日(木曜日)〆切【必着】→終了しました。
 【申請の対象となる期間】
  「令和3年12月1日から令和3年12月31日までに陽性が判明した事業所・施設」
   ※原則、対象期間以外及び〆切日以降の申請は受け付けません。
第5回 交付申請書 提出〆切 令和4年 2月18日(金曜日)〆切【必着】→終了しました。
 【申請の対象となる期間】
  「令和4年1月1日から令和4年1月31日までに陽性が判明した事業所・施設」
   ※原則、対象期間以外及び〆切日以降の申請は受け付けません。
※第6回以降の受付について
令和4年度についても、本補助事業は継続される予定です。
また、令和4年2月以降に陽性が判明し、必要な経費が発生している場合についても遡及適用できる扱いとします。
次回の受付に関しては、詳細が決まりましたら当HP上でご案内します。

提出資料、提出方法

(1)交付申請する時【Eメールに添付して提出】
【注意事項】1つのメールに添付するデータ容量は7MB以下にしてください。7MB以上ですと、横浜市が受信できません。7MBを超えるものは、複数に分けて提出してください。
  ① サービス提供体制確保事業補助金交付申請書兼実績報告書(第1号様式)(ワード:19KB)【必須】
  ② 以下の第1号様式別紙(エクセル:51KB)【必須】

   ・(別紙1)申請額算出内訳
   ・(別紙2)事業所・施設別個表
   ・(別紙3)精算内訳・費目詳細

    ※【要確認】記入例(別紙1~3)(エクセル:75KB)
  ③ 補助対象経費にかかる支出を証する書類等の写し(PDF)【必須】

    ※「【要確認】支出を証する書類等の添付方法についてのお願い」参照
  ④ (別添資料1)自費検査費用の補助に係るチェックリスト(エクセル:18KB)  

    ※【要確認】記入例(別添資料1)(エクセル:19KB)

    ※別表1 アのうち、「一定の要件に該当する自費検査費用」に該当する場合に提出必要
  ⑤ (別添資料2)感染対策等を行った上での施設内療養に要する費用の補助に係るチェックリスト(エクセル:22KB)  

    ※【要確認】記入例(別添資料2)(エクセル:24KB)

    ※別表1 アのうち、「感染対策等を行った上での施設内療養に要する費用」に該当する場合に提出必要

  ⑥ (訪問サービスを実施した通所系サービス事業所の場合)訪問サービスを実施したことが確認できる書類の写し
     (例:介護記録、⽀援経過記録、業務⽇誌、サービス提供記録等)

(2)交付請求する時【郵送で提出】※押印要 
※横浜市から交付決定通知書を受理後、交付請求書をご提出ください。

  ⑥ サービス提供体制確保事業補助金交付請求書(第6号様式)(ワード:20KB)

申請先

(1)特養・老健・有料・養護・軽費等入所施設
 横浜市健康福祉局 高齢施設課 確保事業担当
 TEL:045-671-3923
 Eメール: kf-kakuhojigyo@city.yokohama.jp
 住所:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎16階


(2)訪問系・通所系事業所、認知症グループホーム等
 横浜市健康福祉局 介護事業指導課 確保事業担当
 TEL:045-671-3461
 Eメール: kf-kaigojyosei@city.yokohama.jp
 住所:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎16階
 

消費税仕入れ控除税額に係る報告について

【はじめにお読みください】
消費税仕入控除税額控除に係る提出書類について(ワード:31KB)
【様式】
補助金を計上した決算年度の消費税の確定申告(または納税義務の判定)が終了していない場合
連絡票(エクセル:11KB)
補助金を計上した決算年度の消費税の確定申告(または納税義務の判定)が終了している場合
申請書(第8号様式及び別表1)(ワード:20KB)・・・記載例(ワード:31KB)
仕入控除税額の積算内訳(個別対応方式)(ワード:28KB)・・・記載例(ワード:39KB)
仕入控除税額の積算内訳(一括比例配分方式)(ワード:23KB)・・・記載例(ワード:36KB)
仕入控除税額の積算内訳(全額控除)(ワード:23KB)・・・記載例(ワード:35KB)

○提出方法:メールにて次のアドレスへ送信してください。
※原則、申請を行った際に送信したアドレスへ報告をしてください。
※件名に【R3確保事業】と冠して送信ください。
例)件名:【R3確保事業】消費税仕入れ控除税額に係る報告について

(1)特養・老健・有料・養護・軽費等入所施設
 横浜市健康福祉局 高齢施設課 確保事業担当
 TEL:045-671-3923
 Eメール: kf-kakuhojigyo@city.yokohama.jp
 住所:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎16階

(2)訪問系・通所系事業所、認知症グループホーム等
 横浜市健康福祉局 介護事業指導課 確保事業担当
 TEL:045-671-3461
 Eメール: kf-kaigojyosei@city.yokohama.jp
 住所:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎16階

(参考)厚生労働省ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:579-758-763

先頭に戻る