このページの先頭です

新型コロナウイルス感染等の状況報告について(入所施設等向け)

最終更新日 2021年7月29日

施設における感染等の状況報告について

職員や利用者等で「感染が確認された者」又は「感染が疑われる者」が発生した場合は、メールで状況等をご報告をいただいております。今後、報告をいただく場合の様式を定めましたので、下記エクセルシートに必要事項を入力しパスワードを設定の上送信いただくようお願いいたします。(パスワードは別途ご連絡ください。)


・メール送信先:kf-corona@city.yokohama.jp(件名に【コロナ】と表示してください)
・土日祝日も連絡が取れる体制をとっています。
・第1報以降の、例えばPCR検査結果の連絡等は、この様式でなくても構いません。

新型コロナウイルス治癒者の退院受入れを高齢者施設で行っています

医療機関向け 『老健コンシェルジュ』を設置しました。
横浜市では療養期間を終えた患者さんを、医療機関から高齢者施設へ受入れる支援をします。
老健で9施設(各施設2名)、特養で1施設(10名)、計28名を退院者用ベッドとして確保し、「退院支援ショートステイ」として受入れます。
《老健コンシェルジュ》
※各施設への申込みは原則コンシェルジュにお願いします
※ご利用される医療機関へはログインするためのパスワードを発行し空き情報を確認していただきます
・医療機関専用サイトURL  https://www.dl-yhukushijigyo.com/infoshisetsu/login.php(外部サイト)
・医療機関専用受付電話 080-7277-6050
・受付時間   平日9:00~17:00(土日祝休み)
チラシはこちら(PDF:433KB)

「ゾーニング」の考え方について

(令和3年3月1日更新)

高齢者施設における新型コロナウイルス感染症対応において、施設における速やかな「ゾーニング」の実施をはかるための考え方をまとめましたので、施設内での周知及び活用をお願いいたします。

  1. 送付文(PDF:221KB)
  2. 高齢者施設向け「ゾーニング」の考え方(PDF:741KB)

各施設での取組事例

新型コロナウイルス介護サービス継続支援事業補助金交付について

3月11日時点で、令和2年度の受付を締め切りました。
ご提出いただいていた申請書は、受理した順番に審査しております。
予算の上限に達した段階で、既に受け付けている申請につきましても不交付とさせていただくことがあります。
大変申し訳ございませんが、ご了承くださるようお願い申し上げます。
なお、令和3年度以降の実施方法等につきましては、確定次第ご案内等させていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局高齢健康福祉部高齢施設課

電話:045-671-3923

電話:045-671-3923

ファクス:045-641-6408

メールアドレス:kf-shisetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:926-811-296

先頭に戻る