このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対する介護サービス継続支援事業について(通称:かかり増し助成)

最終更新日 2020年9月18日

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対する介護サービス継続支援事業について(通称:かかり増し助成)

概要

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている横浜市内の介護サービス事業所・介護施設等が、関係者との密接な連携の下、必要なサービスを継続して提供することができるよう、通常の介護サービスの提供時では想定されない、かかり増し経費等に対して支援します。
ただし、介護報酬及び他の国庫補助金等で措置されているものは本事業の対象外となります。
詳細については、実施要領をご確認ください。

資料

補助対象事業所

(1)介護サービス継続支援事業
 ①休業要請を受けた通所系サービス事業所・短期入所系サービス事業所
 ②利用者又は職員に感染者が発生した事業所・介護施設等
 ③濃厚接触者に対応した訪問系事業所・短期入所系サービス事業所・介護施設等
 ④訪問サービスを実施した通所系サービス事業所

(2)介護サービス事業者等との連携支援事業
 ①下記の利用者の積極的な受け入れを行った事業所等
 ②下記に応援職員等の派遣を行った介護サービス事業所等
  ア 休業要請を受けた通所系サービス事業所・短期入所系サービス事業所
  イ 利用者又は職員に感染者が発生した事業所・介護施設等
  ウ 感染症拡大防止の観点から、自主的に休業した介護サービス事業所

※これらに該当する場合は、下記【問合せ先】までご連絡ください。

補助対象経費

(1)介護サービス継続支援事業
 関係者との緊急かつ密接な連携の下、感染機会を減らしつつ、必要な介護サービスを継続して提供するためにかかる経費
(2)介護サービス事業所等との連携支援事業
 緊急かつ密接な連携を実施することに伴い必要となる経費
※対象経費の具体例は「実施要領(3.補助対象経費)」をご確認ください。

提出資料

① 横浜市新型コロナウイルス介護サービス継続支援事業補助金交付申請書兼実績報告書(第1号様式)
② 第1号様式別紙(1)総括表
③ 第1号様式別紙(2)事業所・施設別申請額一覧
④ 第1号様式別紙(3)事業所・施設別個表
⑤ (別紙)積算内訳
⑥ (訪問サービスを実施した通所系サービス事業所の場合)訪問サービスを実施したことが確認できる書類の写し
 (例:介護記録、⽀援経過記録、業務⽇誌、サービス提供記録等)
⑦ 補助対象経費にかかる領収書等の写し(⼈件費については⾦額の根拠となる給与明細等の写し)
※⑤は、④と同じエクセルシート内にあります。
※⑥は、該当する事業所は必ずご提出ください。
※⑦は、「⑤(別紙)積算内訳」に記載した全ての費用について必要です。「第4号様式別紙2」に添付し、事業所毎に作成してください。

提出方法、書類作成方法、送付先

【提出方法】
 郵送によりご提出ください。

【書類作成方法】
 以下のファイルをダウンロードし、作成してください。
  ① 第1号様式(PDF:126KB)
  ②~⑤ 第1号様式別紙(1)~(3)、(別紙)積算内訳(エクセル:89KB)
  ⑦ 第4号様式別紙2(PDF:123KB)
  ※②~⑤については記載例(PDF:564KB)をご確認ください。

【送付先】
 横浜市健康福祉局 介護事業指導課 介護サービス継続支援事業担当 あて
 〒231―0005
 横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎16階

【問合せ先】

横浜市健康福祉局 介護事業指導課 介護サービス継続支援事業担当
TEL:045-671-3461

(参考)厚生労働省からの資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局高齢健康福祉部介護事業指導課

電話:045-671-3461

電話:045-671-3461

前のページに戻る

ページID:189-218-180

先頭に戻る