このページの先頭です

捕鯨業

最終更新日 2018年8月24日

捕鯨(ほげい)

アメリカの捕鯨業(ほげいぎょう)は、18世紀(せいき)はじめに開始(かいし)され、19世紀(せいき)(なか)ばに最盛期(さいせいき)(むか)えました。アメリカの捕鯨業(ほげいぎょう)鯨油(げいゆ)(くじらを原料(げんりょう)とする(あぶら))の生産(せいさん)主目的(しゅもくてき)としていたため、灯油(とうゆ)機械油(きかいあぶら)としてアメリカの工業(こうぎょう)()かせないものでした。しかし、19世紀(せいき)後半(こうはん)における石油(せきゆ)産業(さんぎょう)本格化(ほんかくか)により、急速(きゅうそく)衰退(すいたい)していきました。

参考文献

『日本大百科全書21(第2版)』小学館 1994.01

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館調査資料課

電話:045-262-7336

電話:045-262-7336

ファクス:045-262-0054

メールアドレス:ky-libkocho-c@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:111-410-815

先頭に戻る