このページの先頭です

避難情報が新しくなりました

最終更新日 2021年5月20日

新たな避難情報

避難情報の種類と行動

令和3年5月20日から、災害時の避難の呼びかけが変わりました。
チラシのダウンロード(PDF:546KB)

避難情報改訂チラシ


新たな避難情報
警戒レベル状況情報の名称等住民がとるべき行動【参考】これまでの避難情報
災害発生又は切迫緊急安全確保命の危険 直ちに安全確保!災害発生情報
~ <警戒レベル4までに必ず避難!> ~
災害のおそれ高い避難指示危険な場所から全員避難

・避難指示(緊急)
・避難勧告

災害のおそれあり高齢者等避難危険な場所から高齢者等は避難避難準備・高齢者等避難開始
気象状況悪化大雨・洪水・高潮注意報(気象庁)自らの避難行動を確認大雨・洪水・高潮注意報(気象庁)
今後気象状況悪化のおそれ早期注意情報(気象庁)災害への心構えを高める早期注意情報(気象庁)

新たな避難情報のポイント

・避難勧告は廃止です。(避難指示が、これまでの避難勧告のタイミングで発令されます)
・警戒レベル4までに必ず避難を完了しましょう。(必ず避難の対象地域をホームページ等で確認しましょう)
・避難には4つの方法があります。状況に応じた行動をとりましょう。
 ※風水害避難判断シート (PDF:4,278KB)を活用し、避難行動の目安を確認しましょう。
 ※避難とは「難」を「避ける」ことであり、避難場所へ避難することだけを意味するものではありません。
 

避難行動
 行動備考
行政が指定した避難場所への立退き避難

避難の際は、マスク、食料等を持参しましょう。
雨風が強く、屋外へ出ることが危険な場合は、4 屋内安全確保を優先しましょう。

安全な親戚・知人宅への立退き避難日ごろから相談をしておきましょう。また、ハザードマップで安全な場所か確認しましょう。
安全なホテル・旅館等への立退き避難通常の宿泊料等が必要です。事前に予約・確認しましょう。
屋内安全確保 

ハザードマップで3つの条件を確認し、自宅にいても大丈夫かを確認しましょう。
 ・家屋倒壊等氾濫想定区域に入っていない
 ・想定深水深よりも高い場所へ移動できる
 ・浸水した場合でも、水や食料、トイレ等を確保できる

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

電話:泉区役所総務課防災担当

電話:泉区役所総務課防災担当

ファクス:045-800-2309

メールアドレス:045-800-2505

前のページに戻る

ページID:888-233-632

先頭に戻る