このページの先頭です

上海市との友好都市交流企画・新型コロナウイルス感染症に関する討論会

最終更新日 2021年2月4日

新型コロナウイルス感染症に関する両国の第一人者によるオンライン対談

上海市と横浜市の友好都市関係を記念して、日本と中国の医師による「新型コロナウイルス感染症防疫討論会」をオンラインで行いました。
感染症の専門家として、日本からは二木芳人先生、中国からは張文宏先生をお招きし、
両国における対処法と今後の展望について、対談を行った様子の動画を公開しています。
 
 長編動画(約14分)

 
 短編動画(約1分)

対談者

  • 二木 芳人(にき よしひと)教授

  昭和大学医学部 内科学講座臨床感染症学部門 客員教授
  日本化学療法学会、日本感染症学会、日本呼吸器学会など所属
 

  • 張 文宏(チャン・ウェンホン)教授

  復旦大学付属華山医院感染科主任
  上海市新型肺炎医療専門家チームリーダー

新型コロナウイルス感染拡大に伴う横浜-上海間の医療物資の寄贈など

横浜市と上海市は、2020年1月以降の新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、
友好都市として互いにマスクなどの医療物資を贈り合うなど、協力しあってきました。
市内のマスク不足の状況に対応するため、友好都市とのネットワークを活かした物資調達も行っています。

このページへのお問合せ

国際局国際政策部国際連携課

電話:045-671-4704

電話:045-671-4704

ファクス:045-664-7145

メールアドレス:ki-renkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:786-301-167

先頭に戻る