このページの先頭です

料金等

最終更新日 2019年10月1日

よくあるご質問

Q
1.どのような考え方で水道料金は決まっているのですか。
A

横浜市では、用途別逓増型の料金体系を採用しています。
用途別逓増型料金体系とは、毎日使う生活用水は単価を低くという考え方を基本として、料金を家事用や業務用などの用途別に区分して格差を設け、さらに使用水量が多くなるにしたがって単価が高くなる料金体系のことをいいます。

Q
2.どのような支払い方法がありますか。
A

口座振替支払い、クレジットカード支払い、納入通知書支払いが選択できます。
お支払い方法の詳細については、「口座・クレジットなどの支払い」をクリックしてください。
なお、口座振替支払い及びクレジットカード支払いを希望するお客さまについては、申込用紙を送付させていただきますので、水道局お客さまサービスセンター(TEL:045-847-6262)までご連絡ください。

Q
3.納入通知書(払い込み用紙)を紛失してしまったのですが、どうしたらいいですか。
A

再発行いたしますので、水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
4.ほとんど利用していないのに料金が高いのですが。
A

現在の2か月分の水道料金は0m3~16m3までの場合、基本料金の3,124円(消費税等、下水道使用料含む)がかかり、それ以上ご使用の場合、使用水量に応じて計算しています。ですから、全く使用していなくても基本料金として3,124円かかることになります。
下水道使用料の詳細については、環境創造局ウェブサイト又は環境創造局経営担当(TEL:045-671-2826)にお問い合わせください。
・料金のしくみ

Q
5.以前より、水道料金が割高になった。
A

家族構成の変化や水道器具の変更(トイレ・浴槽など)で使用水量が多くなることがあります。
そのような変化がなければ、漏水が考えられます。(メーターの見方を参照してください

Q
6.漏水によって発生した水道料金も支払うのですか。
A

道路の下に埋設されている水道局の配水管から分かれた給水管やご家庭の水道設備などは、お客さまの財産であるため、お客さまご自身で管理していただくものです。
そのため、水道メーターで計量した水量に漏水分が含まれていても、その水量に対する水道料金等については、原則としてお客さまにお支払いいただくことになります。
しかし、地中や建物の壁内などの露出していない給水管からの漏水は、お客さまが常に適切な管理を行っていても発見が困難な場合があり、漏水分を含む水量に対する水道料金等についても高額になる場合があります。
このため、一定の基準を満たす場合に限り、漏水分を含む当該検針時の水量から一部を減量し、水道料金等の減額を受けることができます。

Q
7.2世帯住宅等、共同住宅各世帯に対する家事用料金の適用制度について
A

アパートや2世帯住宅で、1個のメーターを2世帯以上で、家事用にご使用になっている場合、お客さまの申し出により、1世帯ごとに基本料金を適用する制度です。詳しくは、水道局お客さまサービスセンターへご相談ください。

Q
8.料金を滞納すると、どうなりますか。
A

督促状をお送りします。滞納期間が3~4か月になりますと、お客さまの水道を止めなくてはならなくなりますので、お早めにお支払いください。
なお、納入通知書(払い込み用紙)を紛失してしまった場合には、再発行いたしますので、水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
9.期限を過ぎて支払った場合には、延滞金は加算されますか。
A

現時点ではいただいておりません。

Q
10.料金を支払っているのに水が止まった。
A

お支払い確認の行き違いか、あるいは付近の断水など、いろいろな要因が考えられます。
水道局お客さまサービスセンターにお問い合わせください。

Q
11.水道メーターの見方について知りたいのですが。
Q
12.水道料金・下水道料金の基本料金の減免とはどういうことですか。
A

次の対象者の方が、基本料金の減免申請をしていただくことにより、水道料金・下水道使用料の基本料金が減免されます。

  • 生活保護を受けているひとり親世帯
  • 身体障害1級または2級
  • 知的障害(知能指数35以下)
  • ひとり親家庭等医療費助成世帯
  • 特別児童扶養手当受給世帯
  • 精神障害1級
  • 要介護4または5
  • 重複障害〈身体〉(身体障害3級かつ知能指数75以下の方/一世帯に身体障害3級と知能指数75以下の方/一世帯に身体障害3級の方が2人/一世帯に知能指数75以下の方が2人)
  • 重複障害〈精神〉(精神障害2級かつ身体障害3級の方/精神障害2級かつ知能指数75以下の方/一世帯に精神障害2級の方と身体障害3級の方/一世帯に精神障害2級の方と知能指数75以下の方/一世帯に精神障害2級の方が2人)

※減免対象者が在宅である場合のみ適用。(申込時点で、社会福祉施設等入所が連続して3か月以上の方は適用外となります)

詳しくは、区役所窓口または水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
13.障害者等への減免手続きはどのように行うのでしょうか。
A

身体障害者手帳、心理判定書、生活保護証明書等、各区役所の福祉保健センターから発行された確認書類をお住まいの区を担当する水道局水道事務所にお持ちください。(原則として、ご本人さまがお越しください)
また、各区役所の福祉保健センターでも手続きできます。

Q
14.障害者本人による手続きが困難な場合はどのようになるのでしょうか。
A

代理の方に、お住まいの区を担当する水道局水道事務所、又は各区役所の福祉保健センターへ証明する手帳等をご持参の上、来所していただく方法と、確認書類(写し)をお住まいの区を担当する水道局水道事務所宛てに郵送していただく方法があります。
郵送にてお申し込みの場合には、基本料金相当額減免申請書、証明する手帳等の写し(氏名、住所、生年月日、障害等級、支給開始年月が記載されている面。左記以外の部分は黒マジック等で消去)を同封の上、お送りください。

※申請書を水道局水道事務所から郵送する事も可能ですので、お手数ですが水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
15.基本料金相当額減免申請書の記入項目、証書番号は証書のどこに記載があるのですか。
A

通常は表紙に記載があります。

※どの証書にも証書番号の記載があります。

Q
16.基本料金相当額減免申請書の記入項目、摘要欄(判定内容等)には、何を記載すればよいのですか。
A

身体障害、精神障害、知的障害および要介護世帯減免の場合には、等級をご記入ください。

Q
17.基本料金相当額減免申請書はどこでもらえますか。
A

基本料金相当額減免申請書はお住まいの区を担当する水道局水道事務所および各区役所の福祉保健センターで配布しています。また、水道局水道事務所からの郵送も承っておりますので、水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
18.お客様番号を知りたいのですが。
A

お客様番号は、検針のお知らせなどに記載の9桁の番号です。例:12-34-56789
番号のお問い合わせは、水道局お客さまサービスセンターへご連絡ください。

Q
19.WEB会員サイトについて
A
  • 本サイトは、本市、水道料金および下水道使用料をお支払いいただいている方が、ご利用いただけます。
  • 本サイトをご利用になるには、ログインIDおよびパスワードが必要になりますので、WEB会員サイト登録およびログインからご登録ください。
    パスワードは10日間程でお客さまの料金請求先にご郵送いたします。(ただし、審査の為はがき到着が遅れる場合がございます。)
    また、新規登録内容と当局のお客さま情報に相違がある場合、ログインIDおよびパスワードは発行いたしません。水道をご利用されている名義と、料金の請求先の名義が違う場合はご注意ください。
  • 当局では、ログインIDおよびパスワードは一切お答えいたしません。
  • ログインIDおよびパスワードの再発行は行えません。ログインIDおよびパスワードの紛失または、お忘れになった場合は、再度新規登録をしてください。
  • パスワードは、会員登録完了後に変更可能です。※パスワードは、半角英数字で、英大文字、英小文字、数字をそれぞれ一文字以上含めて8文字で設定してください。
  • お申し込み内容について、確認のご連絡をさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。
  • 内容の更新・メンテナンスなどにより予告なくサービスを停止する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • お客さまご利用の通信回線およびパソコンなどのトラブルについては、当局では責任を負いません。
  • ご登録から1年以上会員サイトにログインされない場合は、自動的に解約となります。
  • お客さまがお持ちのインターネット環境によっては、正常に作動しない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 本サービスの動作確認済みの環境は以下のとおりです。
WEB会員サイト動作確認済みの環境(平成30年2月28日現在)
OSブラウザ
Windows8.1InternetExplorer11
Windows10InternetExplorer11、Chrome63.0.x、Firefox57.0、Edge
MacOS X Yosemite10.10.1Chrome63.0.x、Firefox57.0、Safari10.x
iPad iOS10.3.2Chrome3.0.x、Firefox10.4、Safari10.x

■料金照会について

ご登録いただいた住所のご使用水量や水道料金・下水道使用料について、過去2年間のご請求金額の推移をグラフにて確認することができます。
■料金照会情報の更新時期について
料金照会情報の更新時期は、お支払い方法によって更新される時期が異なります。
■納入通知書支払い

  • 月曜日~木曜日にメーター検針したデータは「翌週の月曜日」に更新されます。
  • 金曜日にメーター検針したデータは「翌々週の月曜日」に更新されます。

■口座振替支払い

  • 13日振替のお客さま:検針翌月の「2週目または3週目の月曜日」に更新されます。
  • 29日振替のお客さま:検針翌月の「4週目または5週目の月曜日」に更新されます。

■クレジットカード支払い
検針翌月の「2週目または3週目の月曜日」に更新されます。
※いずれのお支払い方法も、更新日にあたる月曜日が休日の場合、翌営業日に更新されます。
■インターネットによるクレジットカード支払い申し込みについて

  • インターネットにてクレジットカード支払いを希望する場合、WEB会員サイトへログイン後、「カード支払いのお申し込み」から、ご登録が可能です。
  • 手続きページは、横浜市水道局が委託する「株式会社日本カードネットワーク」のWEBサイトです。
  • 本サービスをご利用いただくにあたり、セキュリティ確保のため、「通信暗号化方式TLS1.2」の使用を必須としております。
  • 手続きページに移動後、「水道利用内容(ご住所など)」、「クレジットカード情報」をご登録いただきます。
  • クレジットカードの有効性が確認できなかった場合は、お手続きを完了することができません。ご契約されているクレジットカード会社へお問い合わせください。
  • クレジットカード支払いの申し込み後に入力情報の不備等があった場合、郵便物等にてご連絡する場合があります。

■お客様番号の追加機能について

  • 1つのログインIDおよびパスワードで複数のご使用場所を登録して、それぞれのご使用水量、水道料金、下水道使用料、ご請求金額などをご覧いただけます。
  • 「お客様番号の追加」を登録するには、お客様番号ごとにログインIDとパスワードが必要になりますので、WEB会員サイト新規登録をお願いします。
  • WEB会員ログイン後のマイページより「お客様番号の追加」を選択してください。追加できる件数に上限はありません。
  • 追加したログインIDとパスワードは、追加後に削除しない限りログインが無効になりますので、ご注意ください。
  • 追加元のログインIDおよびパスワードの紛失または、お忘れになった際に新規登録がされた場合は、追加されていたお客様番号は解除され、お客様番号ごとのログインIDおよびパスワードでログインが可能になります。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局給水サービス部サービス推進課(下記電話・FAX番号はお客さまサービスセンターのものです)

電話:045-847-6262

電話:045-847-6262

ファクス:045-848-4281

前のページに戻る

ページID:957-841-394

先頭に戻る