このページの先頭です

水道管の凍結防止について

最終更新日 2018年12月26日

冬の冷え込みが厳しいとき、水道管が凍ったり破裂することがあります。このような凍結を防ぐ方法として、厚手の布や発泡スチロール系保温チューブ(市販品)などを水道管に巻きつけ、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないようにして下さい。

凍結しやすい水道管

  • 屋外に露出(むき出し)している管
  • 家の北側にあり、陽の当らないところの管
  • 風当たりの強い場所にある管

一般家庭でできる防寒の仕方

  • 保温材や毛布、布切れで蛇口の上まで完全に包みます。
  • メーターを保護するためにメーターボックスの中に、使い古しの毛布や布切れ発泡スチロール等を入れ、保温します。

水道管が凍ってしまった場合

  • 蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。
    ※急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、給水栓をいためることがありますので注意が必要です。
  • 凍結により、蛇口を開けても水が出ない場合、蛇口を開けたままになることがありますが、水が出なくても、必ず蛇口を閉めるようにして下さい。

水道管が破裂してしまった場合

  • 水道管および水道メーター(メーターガラス)が破裂したときは、できる範囲でメーターボックス内のバルブを閉め、水を止めてください。この際、破裂した個所を布かテープでふさいでから修繕の申込をしてください。ただし、ガラスの破片等でけがをしないように注意して下さい。
  • 水道メーターから蛇口までの漏水については、水道局では修理できませんので、民間の水道工事店(メーター下流側漏水修繕事業者リスト)へ修理を依頼してください。ただし、水道メーター(メーターガラス)の破裂は、水道局が無料で交換します。また、水道メーター付近で漏水している場合も、無料修理できる場合がありますので、水道局お客さまサービスセンターにご連絡ください。

横浜市水道局では

  • 冬季期間中にパトロール班を編成し、スリップ事故等の原因となる漏水の早期発見、早期修理に心がけております。
  • 天気予報で、寒波が予想される場合は、放送車による凍結防止の呼びかけをしております。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局給水サービス部給水維持課

電話:045-633-0174

電話:045-633-0174

ファクス:045-664-6739

メールアドレス:su-kyusuiiji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:619-473-473

先頭に戻る