このページの先頭です

第50回横浜市都市美対策審議会景観審査部会議事録

最終更新日 2019年6月12日

第50回横浜市都市美対策審議会景観審査部会議事録

概要
議題
  1. 港北箕輪町二丁目地区地区計画内の建築物等の計画の形態意匠に関する認定に対する意見について(審議)
  2. 「まちを楽しむ多彩な交通」における景観形成について(審議)
  3. 特定都市景観形成行為に関する協議事項及び協議の方針に関する意見について(関内地区都市景観協議地区中区山下町282番)(審議)
  4. その他
日時平成31年3月19日(火曜日)午後1時45分から午後5時まで
開催場所マツ・ムラホール第二・第三会議室
出席委員国吉直行、加茂紀和子、関 和明、野原 卓、矢澤夏子
欠席委員岡部祥司、真田純子
出席した
書記
堀田和宏(都市整備局企画部長)
嶋田 稔(都市整備局地域まちづくり部長)
梶山祐実(都市整備局企画部都市デザイン室長)
鴇田 傑(都市整備局地域まちづくり部景観調整課長)
関係者

【議事1】
関係局:
磐村信哉(都市整備局地域まちづくり部地域まちづくり課長)
岡田彬裕(都市整備局地域まちづくり部地域まちづくり課担当係長)
事業者:
野村不動産株式会社
設計者:
三井住友建設株式会社
【議事2】
関係局:
松井恵太(都市整備局企画部企画課長)
原田博志(都市整備局企画部企画課担当係長)
事業者:
泉陽興業株式会社
【議事3】
関係局:

足立哲郎(都市整備局都心再生部都心再生課長)
島田浩和(都市整備局都心再生部都心再生課担当係長)
事業者:
株式会社大和地所
株式会社スペースバリューホールディングス
設計者:
株式会社日企設計

開催形態

公開(傍聴者:5名)

決定事項

【議事1】
事業者より申請されたC工区の建築物の計画内容については、市の考え方のとおり形態意匠制限の内容に適合している。なお、中央広場の設え及びB工区における接地型住戸の使われ方については、本日の意見を参考に、より良いものとなるよう検討していただきたい。
【議事2】
駅舎・支柱・ゴンドラの形態については、提案の方向で概ね良いが、色彩については、本日出た意見をふまえ、引き続き検討し、報告すること。また、屋外広告物や夜間景観についても検討し、今後提案すること。
【議事3】
申出者の考え方に対する市の協議方針及び協議事項については概ね了承するが、本町通り沿いの歩行空間と車寄せの関係性や貫通通路の設え、建物外観の演出などについては、今回出た意見をふまえて引き続き協議の中で検討し、今後報告すること。

議事議事録(PDF:287KB)
資料

【議事1】

【議事2】

【議事3】

特記事項次回日程は後日調整。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局地域まちづくり部景観調整課

電話:045-671-2648

電話:045-671-2648

ファクス:045-550-4935

メールアドレス:tb-keicho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:949-061-599

先頭に戻る