このページの先頭です

横浜市排水設備指定工事店制度

最終更新日 2020年3月26日

排水設備工事を行う業者の方へ

排水設備の計画確認申請は、忘れずに行いましょう!!
平成25年4月1日から、法務局で交付している「登記されていないことの証明書」を従来の「身分証明書」とあわせて指定申請書又は代表者変更の異動届出書に添付していただくことになりました。
また平成26年4月1日から個人による指定申請の場合、事業証明書の添付を廃止しました。

横浜市では、横浜市下水道条例第38条において、「排水設備の新設等の工事及び処理区域内におけるくみ取便所の水洗便所への改造工事は、市長の指定する者でなければ行うことができない。」と定めています。
横浜市内で排水設備工事を行う場合は、横浜市の排水設備指定工事店の指定を受けてください。

【最近改正(平成29年4月1日):指定工事店の遵守事項の変更】
横浜市下水道条例の一部改正により、規則第7条第2項の条文が改正となりました。
また、同項に新たな規定(工事完了日の5年保存)を設けました。

横浜市排水設備指定工事店の指定を受けるには・・・(新規指定)

排水設備指定工事店の指定申請にあたっては、必ず『横浜市排水設備指定工事店指定の手引き』をご覧ください。

1要件

次の要件を全て満たしていることが必要です。

  • 神奈川県内に営業所があること
    (神奈川県内に営業所(店舗)が存在し、外観からも実際に営業していると判断できること)
  • 専属の責任技術者が1人以上いること
    (専属の責任技術者とは、正社員(常勤)として従事し、他の工事店や他の営業所(支店)等を兼務していない者であり、かつ、神奈川県下水道協会から下水道排水設備工事責任技術者試験の合格証又は更新講習修了証(有効期間内のものに限る)の交付を受けた者をいいます。)

(注)横浜市では、独自の責任技術者証は交付していません。

工事の施行に必要な設備及び器材を有していること
(指定工事店は自ら施工しなければなりません。)
次のいずれにも該当しない者であること
 ア 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
 イ 工事店の指定を取り消され、その取消しの日から2年を経過しない者
 ウ その業務に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者
 エ 法人であって、その代表者又はその他の役員のうちにアからウまでのいずれかに該当する者があるもの

2申請手続

(1)手続きの手引き  ※必ずお読みください。
  「横浜市排水設備指定工事店 指定の手引き」(PDF:432KB)
(2)提出書類
  申請書様式
ア 排水設備指定工事店(指定/指定更新)申請書 PDF(PDF:92KB) word(ワード:20KB)
イ 営業所の平面図及び付近の見取図 PDF(PDF:101KB) word(ワード:14KB)
ウ 専属の排水設備工事責任技術者名簿 PDF(PDF:49KB) word(ワード:12KB)
エ 設備・器材所有調書 PDF(PDF:115KB) word(ワード:18KB)
  添付書類(下記の一覧表にてご確認ください。)
  平成25年4月1日から、法務局で交付している「登記されていないことの証明書」を従来の「身分証明書」とあわせて指定申請書又は代表者変更の異動届出書に添付していただくことになりました。
「指定申請に必要な書類一覧表」(PDF:136KB)

(3)受付期間 (期間内であっても、土・日曜日、祝祭日及び12月28日~1月3日は除く)

令和2年度日程表
受付時期

令和2年4月17日まで

受付分

令和2年7月17日まで

受付分

令和2年10月16日まで

受付分

令和3年1月15日まで

受付分

指定年月日令和2年6月1日令和2年9月1日令和2年12月1日令和3年3月1日

(4)提出方法 
持参のみ。 

3申請手数料

2,000円
(注) 審査結果を通知する際に納入通知書を同封いたしますので取扱い金融機関にてお支払いください。

4審査結果

各受付期間の終了日の翌月中旬頃、審査結果を通知します。

5横浜市排水設備指定工事店証

(1)有効期間
5年間(ただし、新規指定時は4年+数か月間になります。)
(2)交付方法

本市からお送りする審査結果通知書に記載している指定の日付に必要書類を持参のうえ、ご来庁ください。講習受講後に指定工事店証の交付となります。
※ 講習を受講されない場合は、指定を受けることができませんので、ご了承ください。

6休日・夜間の排水設備に関する問合せ・相談の対応について

休日・夜間に市民の方から、トイレ・台所・浴室・洗面所などの水まわりの排水設備のトラブル(詰まり解消など)について問合せ・相談があった場合、「横浜市排水設備指定工事店(休夜間対応)」から指定工事店を紹介しています。
休日・夜間に問合せ・相談に対応できるか確認するため、新規指定の際に「届出書」を提出していただきます。
なお、届出事項に変更があった場合、「変更・取止め届出書」を提出してください。

(1)届出書 PDF(PDF:174KB) word(ワード:17KB)
(2)変更・取止め届出書 PDF(PDF:177KB) word(ワード:17KB)

横浜市排水設備指定工事店の更新指定を受けるには・・・(指定更新)

指定工事店証の有効期間が満了をむかえる指定工事店には、次のとおり指定更新の手続き関係書類を郵送します。
(注)指定工事店に届出事項に変更があった場合は、必ず異動届を提出してください。郵便物が届かなくなることがあります。また、指定の更新をしない場合は、必ず廃止届出書(PDF:112KB)を提出してください。
1 送付時期
  7月上旬予定
2 申請手続
(1)手続きの手引き  ※必ずお読みください。
  「指定更新の手引き」(PDF:465KB)
(2)提出書類
  申請書様式
ア 排水設備指定工事店(指定/指定更新)申請書 PDF(PDF:92KB) word(ワード:20KB)
イ 営業所の平面図及び付近の見取図 PDF(PDF:101KB) word(ワード:14KB)
ウ 専属の排水設備工事責任技術者名簿 PDF(PDF:49KB) word(ワード:12KB)
エ 設備・器材所有調書 PDF(PDF:115KB) word(ワード:18KB)
  添付書類(下記の一覧表にてご確認ください。)
「指定更新申請に必要な書類一覧表」(PDF:147KB)
※平成25年4月1日から、法務局で交付している「登記されていないことの証明書」を従来の「身分証明書」とあわせて指定申請書又は代表者変更の異動届出書に添付していただくことになりました。
(注)提出書類は、新規指定申請時と同様の各種証明書等(3か月以内に発行したもの)が必要となります。
(3)申請書の提出時期及び方法
7月下旬を予定しており、持参のみです。更新指定対象者へお送りする手続き関係書類にてご案内します。
(4)提出方法(受付場所)
持参のみです。 (受付場所はお送りする手続き関係書類をご覧ください。)

3更新申請手数料

2,000円
(注) 審査結果を通知する際に納入通知書を同封いたしますので、取扱い金融機関にてお支払いください。

4審査結果

10月中旬頃、審査結果を通知します。

5横浜市排水設備指定工事店証

(1)有効期間
  5年間
(2)交付方法
  審査結果通知書に記載している指定の日時に必要書類を持参のうえ、ご来庁ください。

排水設備指定工事店証の再交付について

指定工事店証を破損、汚損、紛失したときは、再交付を申請することができます。

1申請手続

(1)提出書類
  再交付申請書 PDF(PDF:176KB) word(ワード:13KB)
  指定工事店証(破損、汚損の場合)
(2)提出方法
  持参又は郵送。

2再交付申請手数料

500円
(注) 申請後、納入通知書を発行しますので、取扱い金融機関にてお支払いください。

3横浜市排水設備指定工事店証の交付方法

納入通知書が準備でき次第、ご連絡しますので、ご来庁ください。

届出事項に変更があったとき・・・(異動の届出)

指定工事店となってから届出事項に変更が生じた場合は、速やかに届出をしてください。

1横浜市に届出が必要なもの

(1)提出書類
  届出様式
ア-1 指定工事店異動届出書
(組織・代表者・商号又は名称・所在地の変更) PDF(PDF:164KB) word(ワード:15KB)
アー2 営業所の平面図及び付近の見取図 PDF(PDF:101KB) word(ワード:14KB)
イ 指定工事店異動届出書
(専属の責任技術者の増減) PDF(PDF:110KB) word(ワード:14KB)
ウ 廃止届出書 PDF(PDF:112KB) word(ワード:23KB)
エ 休止届出書 PDF(PDF:112KB) word(ワード:23KB)
オ 再開届出書 PDF(PDF:109KB) word(ワード:25KB)
 添付書類(下記の一覧表にてご確認ください。)
排水設備指定工事店等異動届出書類一覧表(PDF:136KB)
※平成25年4月1日から、法務局で交付している「登記されていないことの証明書」を従来の「身分証明書」とあわせて指定申請書又は代表者変更の異動届出書に添付していただくことになりました。
(2)提出方法
 持参又は郵送。

(3) 横浜市排水設備指定工事店証の交付

異動届(組織・代表者・商号又は名称・所在地の変更)及び再開届については、指定工事店証を新たに発行します。

異動届により書き換え後の工事店証を郵送しますので、届出の際に120円分の切手をご用意願います。

なお、上記の異動事項について、市報により公告することになっておりますので、手続きに2~3週間程度かかる場合があります。

2神奈川県下水道協会に届出等が必要なもの

責任技術者(個人)の住所・氏名に変更があった場合
責任技術者合格証又は修了証を毀損、汚損、紛失してしまった場合
以上の場合は、神奈川県下水道協会への届出等が必要です。
詳しくは神奈川県下水道協会のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

神奈川県下水道協会事務局
電話 044-200-2874
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地(川崎市上下水道局下水道計画課内)
ホームページURL http://www.jswa-kanagawa.jp/(外部サイト)
※届出書等はホームページからダウンロードすることができます。
ご注意
住所・氏名変更を届出されない場合、神奈川県下水道協会よる更新講習のご案内等郵便物が届かないことがあります。

工事の申し込みがあったら

工事の申込者に対し、条例で定める手続及び罰則について説明しなければいけません。
また、説明した旨を横浜市に報告しなければいけません。
(平成29年4月1日施行 横浜市下水道条例第38条第2項)

・説明の際には、説明書(第34号様式)を使用してください。
・説明した旨を横浜市に報告する際には、説明報告書(第35号様式)を使用してください。

様式は、電子申請サービスからダウンロード(外部サイト)してください。
説明にあたり、説明書のみでは難い場合は、その他の資料を追加して説明しても構いません。

注意事項

添付していただく証明書等は、3か月以内に発行された原本を提出してください。
(登記事項証明書(会社法人用)・登記されてないことの証明書・身分証明書・住民票など)
写真は、3か月以内に撮影されたものを提出してください。
(営業所、倉庫、器具・器材、車両など)
排水設備の新設等の工事を行うときは、必ず、各区土木事務所に排水設備(水洗便所改造)計画確認申請書をご提出ください。
排水設備計画確認申請書の「排水設備工事責任技術者」欄には、神奈川県下水道協会が交付した、有効期間内の(試験)合格証又は(更新講習)修了証の右上に記載されている番号を記入してください。

書類の提出先・お問い合わせ先

申請書類・異動届等は、次の窓口に、持参してください。
なお、異動の届出書類及び廃止届出書は郵送でも受け付けます。

提出先・お問い合わせ先
環境創造局管路保全課
関内中央ビル7階
73番窓口
〒231-0016
横浜市中区真砂町2丁目22番地
(電話)045-671-2830
(郵送先)
横浜市環境創造局管路保全課 指定工事店担当

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局下水道管路部管路保全課

電話:045-671-2830

電話:045-671-2830

ファクス:045-641-5330

メールアドレス:ks-kanrohozen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:513-901-765

先頭に戻る