このページの先頭です

SMS(ショートメッセージサービス)による特定健診のお知らせ

最終更新日 2021年11月5日

概要

令和3年11月5日(金曜日)に、横浜市国民健康保険加入者の携帯電話やスマートフォンに、SMS(ショートメッセージサービス)による特定健診のご案内を送付します。
※ SMS(ショートメッセージサービス):電話番号を宛先にして携帯電話やスマートフォンにメッセージを送付するものです。
※ SMSは未受診者がいる世帯にお送りしています。
※ 既に受診済みの方に行き違いで送信されてしまう場合がありますが、ご容赦ください。

送付内容

前半のランダムな文章と、後半の共通文章を組み合わせて送付します。

〈前半(以下のいずれか1つを送付します。)〉

・【横浜市から再度のお知らせ】横浜市国民健康保険では、特定健診を無料で受診できます。3月末までに受診をお願いします。
・【横浜市から再度のお知らせ】コロナ禍の健診受診控えは生活習慣病の発見を遅らせます。特定健診の受診は3月末までです(無料)。
・【横浜市から再度のお知らせ】昨年はコロナ禍でも約2.5万人の方が新しく特定健診を受診しています。3月末までに受診をお願いします(無料)。


〈後半(前半の文章に関わらず、共通で送付します。)〉

受診方法はこちら→https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/koseki-zei-hoken/kokuho/kenko/kensin.html
*国民健康保険加入の未受診者がいる世帯にお送りしています。
*受診済みの方等への行き違いはご容赦ください。
*横浜市けんしん専用ダイヤル(045-664-2606)

備考

・送信者名は「Yokohama」と表示されます。
・本メールアドレスは送信専用です。返信されても回答できませんのでご注意ください。
・万一、メールの内容にお心当たりがない場合は、横浜市けんしん専用ダイヤル(045-664-2606)までご連絡くださいますようお願いいたします。

振り込め詐欺にご注意ください

横浜市からお送りした今回のメッセージは、特定健診に関するお知らせの内容になります。
このメッセージで次のようなことを指示することはありません。

  • 特定の金融機関や口座番号へ振り込みをお願いすること
  • ATM(銀行・コンビニエンスストアなどの現金自動預払機)の操作をお願いすること
  • 通帳やキャッシュカードを預けるようお願いすること

特定健診受診勧奨メッセージの検証について

 令和3年度は、特定健診未受診者を対象に、SMSの受診を勧奨するメッセージ内容の違いにより、特定健診受診率が向上するかを検証します。
 特定健診受診勧奨通知は、7月末に未受診者に個別で通知し、その後、2回目もしくは3回目まで受診勧奨通知を送付します。
 勧奨通知のメッセージ内容は3種類あり、どのメッセージが届くかは無作為に割り付けます。
 内容については、特定健診の内容・受診を案内するもので、いずれの通知を受け取ったとしても、特定健診を受診すること自体には支障はございませんのでご安心ください。
 検証の結果は、個人が特定されることがない形(全体の集計値)にて、学会等で発表する可能性がありますので、ご了承ください。

関連リンク

特定健康診査に関するご質問は、下記の専用ダイヤルへ

横浜市けんしん専用ダイヤル

電話:045-664-2606
FAX:045-663-4469
(月曜日から土曜日、午前8時30分から午後5時15分まで、祝休日および年末年始は除く)

このページへのお問合せ

健康福祉局生活福祉部保険年金課

電話:045-671-4067

電話:045-671-4067

ファクス:045-664-0403

メールアドレス:kf-hokennenkin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:881-478-670

先頭に戻る