このページの先頭です

内航輸送の詳細

最終更新日 2019年3月7日

内航輸送

内航船による海上コンテナの国内輸送は、一度に大量の輸送が可能なため、トラック輸送に比べて輸送トン当たりのCO2排出量が低く、省エネルギーで環境にやさしい輸送モードです。
また、近年は大型外航船の国内寄港地が集約化される傾向にあります。これら大型外航船の横浜港寄港を維持・拡大するためにも、内航輸送を強化し、横浜港へ集荷することは重要な課題となっています。
現在、横浜港では北海道、東北、東海、関西の太平洋沿岸の港とのネットワークを展開しています。
内航船航路図

  • 横浜港におけるコンテナ国内輸送量の推移

横浜港の内貿コンテナ取扱量2010年は約29.1万TEU(前年比20.1%の増)となり、ここ数年は全体的に拡大傾向にあります。
国内フィーダー輸送量推移グラフ

  • 内航船社の輸送サービス網

横浜港では現在、以下の船社が内航輸送サービスを提供しています。

一覧
船社名主な寄港地
横浜コンテナライン(株)(外部サイト)苫小牧、室蘭、八戸、宮古、仙台、常陸那珂
近海郵船物流(株)(外部サイト)仙台、東京
鈴与海運(株)(外部サイト)苫小牧、仙台、東京、清水、名古屋
井本商運(株)(外部サイト)八戸、仙台、相馬、小名浜、東京、川崎、清水、名古屋、四日市、大阪、神戸
ナラサキスタックス(株)(外部サイト)苫小牧

横浜港におけるグリーン物流の推進のトップへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7190

電話:045-671-7190

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:495-388-412

先頭に戻る