このページの先頭です

建設リサイクル法について

最終更新日 2020年6月9日

【新型コロナウイルス対策】届出等の提出方法に関するお願いとお知らせ

窓口での滞留を避けるため当面の間、郵送による届出等(対象は以下のとおり)の提出ができます。
ご不明点等ございましたら下記連絡先までお問い合わせください。

郵送が可能な対象の届出等

  • 建設リサイクル法に基づく届出書
  • 建設リサイクル法に基づく変更届出書
  • 指導要綱に基づく届出書(延べ床面積80㎡未満の建築物解体工事)
  • 指導要綱に基づく変更届出書(延べ床面積80㎡未満の建築物解体工事)
  • 建設リサイクル法及び指導要綱に基づく届出の取止届
産業廃棄物対策課は令和2年6月8日から新市庁舎で業務を開始します。宛先にご注意ください。
郵便番号231-0005
横浜市中区本町6-50-10横浜市役所23階
横浜市資源循環局産業廃棄物対策課建設リサイクル担当宛
TEL045-671-3446

郵送による提出の際のご注意

  • 着手の7日前までに必着となります。(公共工事は着手の前日まで)
  • 正本1部のみ送付してください。
  • 副本の返送及び届出済シールの送付はいたしませんのでご了承ください。なお、対象期間に送付による届出等をされた現場でのシール掲出は不要とします。
  • 届出内容に不備があった場合に問合せることがあります。つながり易い問合せ先を必ず記載してください。
  • 送付前には記載漏れ、図書の添付漏れがないか再度ご確認ください。

窓口での受付対応について

  • 窓口での滞留をさけるため当面の間、窓口での受付時審査を簡略化します。
  • 上記の期間、受付時審査の簡略化により付番及び届出済シールの発行はされませんのでご了承ください(受付印のみの対応となります)。また、この間に届出等をされた現場でのシール掲出は不要とします。
  • 感染防止対策として窓口にアクリル板を設置しています。
  • 受付時間の短縮等は現在行っておりません。
  • 予告なく窓口での受付方法等を変更することがございます。ご了承ください。

建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)

発生するコンクリート塊や木材等の建設廃棄物の分別及び再資源化を促進するため、一定の要件を満たした建築工事や解体工事を行う場合には、届出を行うことが義務付けられています。

  1. 建設リサイクル法の要点
  2. 建設リサイクル法の届出手続き
  3. 建設リサイクル法の届出フロー

リンク

指導要綱に基づく届出(延べ床面積80㎡未満の建築物解体工事)

横浜市では建設リサイクル法対象外の延べ床面積80㎡未満の建築物の解体工事についても工事着手7日前までに届出が必要です。

指導要綱の要点及び必要書類

建設リサイクル法・指導要綱届出窓口

届出窓口

資源循環局産業廃棄物対策課建設リサイクル担当

横浜市中区本町6-50-10

市庁舎23階 南側 【案内図(PDF:888KB)
電話:045-671-3446

受付時間

月曜日から金曜日8時45分から12時まで、13時から17時15分まで(郵送不可)
(祝日・休日・12月29日から1月3日までを除く)

18区役所、建築局では受付はしておりませんのでご注意ください。

届出済シールについて

届出書を受理した時、シール(下記見本)をお渡ししますので、工事受注者は工事現場に掲示する標識の余白(右下隅等)に貼り付けて下さい。

建設リサイクル法による届出

建設リサイクル法届出済シール


指導要綱による届出

指導要綱届出済シール


建設リサイクル法による通知(公共工事)

建設リサイクル法通知済シール


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局産業廃棄物対策課建設リサイクル担当

電話:045-671-3446

電話:045-671-3446

ファクス:045-651-6805

メールアドレス:sj-sampaitaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:302-695-116

先頭に戻る