このページの先頭です

水道のご使用にあたって

最終更新日 2020年3月25日

給水契約の定型約款について

令和2年4月1日施行の民法改正により、「定型約款」に関する規定が新設され水道の契約に関してもその適用を受けます。
定型約款とは「定型取引において契約の内容とすることを目的として、その特定の者により準備された条項の総体」とされており、
本市においては、水道供給契約の条件等を定めた「横浜市水道条例」及び「横浜市水道条例施行規程」が定型約款にあたり契約の内容となります。
下記のリンク先からご確認ください。
「横浜市水道条例」(外部サイト)
「横浜市水道条例施行規程」(外部サイト)

1.水道の使用開始・中止の届出

新たに水道をご使用開始または、使用を中止するときは、3日前までに水道局お客さまサービスセンターへご連絡いただくか、インターネットからお申し込みください。

2.使用水量の検針

使用水量の検針は、2か月に1度おこなっています。(使用開始・中止等を除く)

3.水道料金

使用水量によって計算します。
料金につきましては「水道料金のしくみ」をご参照ください。

4.水道料金の支払い

口座振替、クレジットカード払い、納入通知書支払いが選択できます。
口座振替、クレジットカード払いの場合(継続を除く)は、納入通知書から切替わるまでに少しお時間がかかります。

5.給水の停止

(1)料金支払いの滞納

料金は支払期限内にお支払いください。再三の催告にもかかわらずお支払いいただけないときは、原則として給水を停止いたします。

(2)事故・災害等

事故や災害などの理由により、やむを得ず給水を停止したり制限することがあります。

6.水道メーターの交換

水道メーターは、計量法により有効期間が8年間と定められており、検定有効期間満了を迎える前に、水道局の負担で交換しています。

7.給水装置の所有

道路内の配水管の分岐から各家庭の蛇口までの給水管は、お客さまの所有(財産)となっていますので、適切な管理を行ってください。
また、給水装置の故障に伴う修繕について、水道メーターから蛇口まではお客さまが、民間の水道工事店(メーター下流側漏水修繕事業者リスト)に依頼して修繕を行ってください。
水道メーターから道路側の修繕は水道局お客さまサービスセンターにお問い合わせください。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局給水サービス部サービス推進課(下記電話・FAX番号はお客さまサービスセンターのものです)

電話:045-847-6262

電話:045-847-6262

ファクス:045-848-4281

前のページに戻る

ページID:549-068-549

先頭に戻る