このページの先頭です

国外からの戸籍証明の郵送請求について

最終更新日 2022年7月25日

請求前にご確認ください

EMS(国際スピード郵便)の料金改定について

令和4年6月1日よりEMS(国際スピード郵便)の料金が改定されています。返送時の送料について、必ず日本郵便のウェブページでご確認ください。

EMS・国際小包の料金改定(日本郵便ウェブページ)(外部サイト)

日本郵便による国際郵便物の一部遅延・停止等について

新型コロナウイルス感染症の影響などにより、一部の国・地域では、日本からの国際郵便物のお届けが遅延している場合や引き受けが停止している場合があります。国・地域によっては、ご指定の方法で証明書の送付ができない場合がありますので、請求の際には、必ず日本郵便のウェブページでご確認ください。
  国・地域別の差出可否(日本郵便ウェブページ)(外部サイト)
  国際郵便の運行状況(日本郵便ウェブページ)(外部サイト)
   

本人が請求する場合

請求書の送付先

横浜市郵送請求事務センター(横浜市全区の郵送請求を一括して取り扱っています)
郵送時は、書留や保険付き等の適切な方法でお送りください。

所在地

〒231-8307 横浜市中区桜木町1丁目1番地56 横浜市郵送請求事務センター

必要なもの(送付する書類)

  • 請求書
    • (郵送用)戸籍証明等請求書(国外から)(PDF:1,551KB)
    • 請求書には、連絡が取れるEメールアドレスの記入をお願いします。(時差により直接電話が取りづらい場合があるため)
    • 記入にあたっては鉛筆等、文字を消すことができる筆記具は使用しないようお願いします。
    • 請求書を印刷できない場合は、同じ内容を便箋等に記入してください。
  • 住所が記載された本人確認書類の写し
    海外での現住所が記載されている運転免許証、住居の賃貸契約書、公共料金の領収書など
    • 「氏名が記載されている面の写し」と「住所が記載されている面の写し」が必要です。
    • パスポートでは住所が確認できませんので、その他の書類を送付してください。
  • 返信用封筒
    • 返信先住所は上記「住所が記載された本人確認書類の写し」に記載されている住所を記入してください。(住所地以外への返送はできません。)
    • 返信先住所は英字ブロック体で記入してください。(中国や韓国など漢字を使用している国におきましては漢字表記でけっこうです)
    • EMS(国際スピード郵便)での返信をご希望の場合は、その旨を請求書に明記し、手数料・郵送料に、専用封筒代51円を追加した金額を送付ください。当センターでEMS(国際スピード郵便)専用封筒を用意しますので、返信用封筒の同封は必要ありません。
    • 戸籍証明等は信書に該当する文書のため、発送は信書を送付できる郵便サービスに限られます。
  • 証明書の手数料・返送時の郵送料
    • 戸籍謄本等の必要通数分の手数料、返送時の送料をお送りください。
    • 手数料・郵送料につきましては次のいずれかの方法にてお送りください。
      1. 請求書等に同封する方法(本人が国外から手数料・郵送料をお送りいただく場合)
        • 現金を国際郵便で送る方法は、差出国によって異なりますので、現在お住まいの国の郵便局にてご確認いただき、書留や保険付き等の適切な方法でお送りください。
        • 現金でのお支払いには、日本円をご準備ください。
      2. 請求書とは別に手数料・郵送料のみを国内の代理人の方から別途お送りいただく方法
        • 定額小為替・普通為替または現金書留にて必要通数分の証明書手数料と返送時の国際郵便送料をお送りください。
        • どなたの証明書の手数料かと、送付する代理人の氏名及び電話番号をお書き添えください。
    • 手数料を銀行振込や国際返信切手券でお支払いいただくことはできません。
    • 国際郵便為替(International Postal Money Order)は、2020年3月27日をもって発行が終了しました。
    • おつりは日本の切手にて返送させていただきますので、ご了承ください。

※請求権限を確認できる書類(請求する戸籍の名欄に記載がある方以外)

横浜市の戸籍等のみで親族関係が確認できない場合は、親族関係が確認できる他市区町村の戸籍等の写しが必要です。また、第三者が請求する場合は、請求の権限が確認できる資料が必要です。 詳細は横浜市郵送請求事務センターへご確認ください。

日本国内にいる代理人に請求を依頼する場合

自署又は押印した委任状を、代理人に渡してください。
ただし、同じ戸籍に記載されている人(配偶者等)・直系尊属(父母等)・直系卑属(子等)に請求を依頼する場合は、委任状は必要ありません。
請求方法の詳細は、各証明書の申請方法のページをご確認ください。

  • 代理人の方の住所が記載された本人確認書類の写しが必要です。
  • 送付先は代理人の方のご住所となります。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

(郵送請求に関する問合せ)横浜市郵送請求事務センター

電話:045-222-4900

電話:045-222-4900

ファクス:045-222-4916

メールアドレス:sh-yusocenter@ml.city.yokohama.jp

(このページの表記に関する問合せ)市民局区政支援部窓口サービス課

電話:045-671-2176

電話:045-671-2176

ファクス:045-664-5295

メールアドレス:sh-madoguchi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:283-968-997

先頭に戻る