このページの先頭です

横浜市公共事業評価(平成26年度)

最終更新日 2021年2月2日

 「公共事業事前評価調書(案)に対する市民意見募集」を平成26年4月1日(火曜日)~5月12日(月曜日)の期間で実施し、388名からご意見が寄せられました。お寄せいただいたご意見は、公共事業事前評価調書(案)の項目に合わせて、855件に分類し、それぞれのご意見について本市の見解を整理しました。
 また、「平成26年度第1回横浜市公共事業評価委員会」は、平成26年6月30日(月曜日)に開催され、「新市庁舎整備事業(仮称)」について審議が行われ、7月22日付けで委員会の審議結果が提出されました。
 これらの結果を踏まえて、「公共事業事前評価調書」を確定しました。
 今後は、この「公共事業事前評価調書」を踏まえて事業を進めていきます。

横浜市公共事業評価の目的

 横浜市公共事業評価(PDF:157KB)は、横浜市が実施する公共事業に関し、事業着手前から完了後までの各段階において、事業の必要性や効果等を客観的に評価し、公表することにより、公共事業における効率性及び実施過程の透明性の向上を図ることを目的に実施しています。

事前評価

事前評価の概要

 新市庁舎の整備に着手する前に、事業の必要性や効果等の視点から事業実施の妥当性を判断していただきました。

 事前評価の実施にあたっては、市民意見を募集し、「意見」及び「意見に対する市の見解」を公表します。

事前評価の流れ

(1) 市は、事業の必要性、効果及び環境への配慮等の視点から、事前評価調書(案)を作成します。
(2) 作成した事前評価調書(案)をホームページ等で公表し、市民の皆様からの意見を募集(市民意見の聴取)します。
  あわせて、学識経験者で構成される、横浜市公共事業評価委員会に意見を求めます(委員会の意見聴取)。
(3) 市は、市民の皆様からの意見に対する見解と、委員会から出された意見具申に対する対応をまとめるとともに、
  事前評価調書を確定し、事前評価の結果として公表します。

市民意見の聴取

《事 業 名》 新市庁舎整備事業(仮称)
《所 管 局》 総務局
《事前評価調書(案)》 新市庁舎整備事業(仮称)(PDF:2,995KB)
《実 施 期 間》 平成26年4月1日~5月12日
《実 施 方 法》 意見の提出方法等
《実 施 結 果》
 〇お寄せいただいたご意見と本市の見解(PDF:1,140KB)
 〇お寄せいただいたご意見(原文)(PDF:895KB)

委員会の意見聴取(平成26年度第1回横浜市公共事業評価委員会)

公共事業事前評価調書

 公共事業事前評価調書(案)「新市庁舎整備事業(仮称)」について、
 ・「公共事業事前評価調書(案)に対する市民意見募集」で寄せられたご意見 及び
 ・「平成26年度第1回横浜市公共事業評価委員会」での審議結果
を踏まえて、公共事業事前評価調書(案)の一部を修正し、「公共事業事前評価調書」を確定しました。

 〇【記者発表】「新市庁舎整備事業(仮称)公共事業事前評価調書を確定しました」(PDF:3,134KB)
 〇公共事業事前評価調書(PDF:2,569KB)

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局総務部管理課

電話:045-671-2082

電話:045-671-2082

ファクス:045-662-7650

メールアドレス:so-kanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:143-611-187

先頭に戻る