このページの先頭です

動物取扱業・特定動物

動物取扱業には、営利を目的として営む第一種動物取扱業と、非営利で行う第二種動物取扱業があります。また、人の生命、身体又は財産に危害を加えるおそれがある動物(特定動物)を飼養・保管するには、許可が必要です。

前のページに戻る

ページID:566-784-358

先頭に戻る